荻野純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荻野 純
生誕 1989年????
日本の旗 日本愛知県
職業 漫画家
活動期間 2009年 -
ジャンル 少年漫画
代表作γ -ガンマ-
『透明人間の骨』
受賞
  • ジャンプSQ.コミックグランプリ2009年4月期審査員特別賞(『伝説の存在になった少女』)
  • ジャンプSQ.コミックグランプリ2009年8月期佳作(『夢見る少女と夢少女』)
公式サイト 荻野純 (@ogino_jun) - Twitter
テンプレートを表示

荻野 純(おぎの じゅん、1989年[1] - )は日本の男性漫画家。愛知県出身[2]

経歴[編集]

ジャンプSQ.コミックグランプリ2009年4月期にて「伝説の存在になった少女」で審査員特別賞を受賞。同グランプリ2009年8月期にて「夢見る少女と夢少女」で佳作を受賞。『ジャンプスクエア』2013年4月号より『γ -ガンマ-』を連載開始。

人物[編集]

怪獣が好きで、自らが執筆した『γ -ガンマ-』7話のマイティ・ブロウの鉄拳で怪獣を吹き飛ばすシーンに心を痛めるほど[1]。『γ -ガンマ-』ではアナログ環境で執筆していた[2]。またMDVHSを愛用している[2]。しゃべるのが苦手[3]

作品[編集]

  • 伝説の存在になった少女(読切、未掲載) - ジャンプSQ.コミックグランプリ2009年4月期審査員特別賞
  • 夢見る少女と夢少女(読切、『ジャンプSQ.II』Vol.4掲載 / 『ジャンプSQ. Comic Selection Vol.2』収録) - ジャンプSQ.コミックグランプリ2009年8月期佳作
  • 涙を許した地獄の使者(読切、『ジャンプスクエア』2010年5月号)
  • カミガリガリ(読切、『ジャンプSQ.19』2011年秋号)
  • 可能性世界を駆ける少女(原作 - 藤崎竜)(読切、『ジャンプSQ.19』Vol.3掲載)
  • γ -ガンマ-連載、『ジャンプスクエア』2013年4月号 - 2014年11月号)
  • たくさんのはじめて(読切、『Lガールズ01』)
  • 透明人間の骨(読切、『週刊ヤングジャンプ2016年31号掲載)
  • あやうく疎遠(読切、『Lガールズ02』)
  • 未だ見ぬ明日に(読切、『少年サンデーS』2016年11月号)
  • 互いのガーディアン(読切、『コミック百合姫』2016年11月号)
  • 姉妹(読切、『Lガールズ03』)
  • 憧れのお姉さん(読切、『COMIC X-EROS』2017年2月号)
  • 好きになる(読切、『Lガールズ04』)
  • とばりアディクション(読切、『Lガールズ05』)
  • 透明人間の骨(連載、『少年ジャンプ+』2017年9月26日更新分 - 2018年3月13日更新分)

出演[編集]

  • imagine-nation(NHKワールドTV) 特集:荻野純「γ-ガンマ-」(2014年2月19日放送)[4]

関連人物[編集]

アシスタント[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b γ -ガンマ-』2巻 pp. 192-193. あとがき。
  2. ^ a b c d e 安藤正基 (2019年1月20日). “マンダンラジオ#7「アシスタントは漫画家に絶対服従なの!?」(ゲスト:荻野純)”. YouTube. 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ γ -ガンマ-』3巻 そで 著者紹介。
  4. ^ 「γ-ガンマ-」制作の裏側迫る特集、NHKの海外向け放送で”. コミックナタリー (2014年2月18日). 2019年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]