荻野恒一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荻野 恒一
(おぎの こういち)
生誕 荻野 恒一
(おぎの こういち)
(1921-06-19) 1921年6月19日
日本の旗 日本大阪
死没 (1991-10-15) 1991年10月15日(70歳没)
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
研究機関 京都大学
パリ大学
南山大学
金沢大学
慶應義塾大学
東京都精神医学総合研究所
出身校 京都帝国大学医学部医学科
医学博士京都大学1952年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

荻野 恒一(おぎの こういち、1921年6月19日 - 1991年10月15日)は日本の医学者、精神科医。専門は精神病理学。元南山大学文学部教授。元金沢大学教育学部教授。元慶應義塾大学教授医学博士京都大学1952年[1][2]

来歴[編集]

1921年大阪生まれ。1944年京都帝国大学医学部医学科卒。後に京都帝国大学医学部助手、講師。1952年医学博士京都大学[2]1953年-1955年パリ大学留学。1956年南山大学文学部助教授、のち教授1970年金沢大学教育学部教授1973年東京都精神医学総合研究所参事研究員。1982年慶應義塾大学客員教授[1]

著書[編集]

  • 『精神病理学入門』誠信書房 1964
  • 『苦悩と不安』川島書店 1969 ヒューマン選書
  • 『現存在分析』1969 紀伊国屋新書
  • 『文明と狂気 精神病はなにを語るか』1969 講談社現代新書
  • ドストエフスキー 芸術と病理』金剛出版 1971 パトグラフィ双書
  • 『現象学的精神病理学』医学書院 1973
  • 『精神病理学研究』1-2 誠信書房 1974-77 
  • 『苦悩と不安の現象学』川島書店 1975
  • 『文化精神医学入門』星和書店 1976
  • 『過疎地帯の文化と狂気 奥能登の社会精神病理』新泉社 1977
  • 『「状況」の精神病理』弘文堂 1978
  • 『故郷喪失の時代』北斗出版 1979
  • 『こころの医学』サイエンス社 1979 サイエンス叢書
  • 『人間の精神病理はどこからくるか』大和書房 1980
  • 『分裂病の時代』朝日出版社 1980
  • 『「文化摩擦」と精神病理』新曜社 1981
  • 『嫉妬の構造』紀伊国屋書店 1983 のち現代教養文庫 
  • 『現代を病むこころ 文明の発達と人類の未来』1984 有斐閣選書R
  • 『現象学と精神科学』世界書院 1988

共編著[編集]

  • 『現代人の病理 第5巻 臨床社会心理学の基礎』相場均,南博共編 誠信書房 1975
  • 『分裂病の精神病理』4 編 東京大学出版会 1976
  • 『人間学的精神療法』大橋一恵,山中康裕共著 文光堂 1977 サイコセラピー・シリーズ
  • 『文化と精神病理』編 弘文堂 1978
  • 『カルチュア・ショックと日本人 異文化対応の時代を生きる』星野命共編 1983 有斐閣選書

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 荻野恒一『嫉妬の構造』紀伊国屋書店、1983年4月。ISBN 9784314004107 巻末
  2. ^ a b 荻野恒一. “易感性関係妄想の成立機転”. 国立国会図書館. 2013年2月19日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]