荘子邦雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荘子 邦雄(しょうじ くにお、1920年 - )は、日本の法学者。専門は刑法東北大学名誉教授。札幌学院大学名誉教授。法学博士北海道大学、1962年)。兵庫県出身

略歴[編集]

受賞歴[編集]

主著[編集]

  • 『正当防衛』(有斐閣、1956年)
  • 『刑法総論(現代法律学全集)』(青林書院、1969年初版、1996年第三版)
  • 『労働刑法(総論)〔新版〕』(有斐閣、1975年)
  • 『刑法における故意・過失の研究』(共著、一粒社、1989年)
  • 『近代刑法思想史研究』(NTT出版、1994年)
  • 『人間と戦争 一学徒兵の思想史』(朝日新聞出版、2013年)

など多数

先代:
-
札幌学院大学法学部長
初代:1984年 - 1988年
次代:
見澤俊明
先代:
足羽進三郎
札幌学院大学学長
第5代: 1988年 ‐ 1991年
次代:
見澤俊明