荘厳浄土寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荘厳浄土寺
Shogon-jodoji, hondou.jpg
本堂
所在地 大阪府大阪市住吉区帝塚山東5-11-14
位置 北緯34度36分44.51秒
東経135度29分56.55秒
山号 朝日山
宗派 真言律宗
本尊 不動明王
創建年 1.天慶年間(930年946年)頃
2.再興:応徳元年(1084年
開基 1.不明
2.再興:津守国基白河天皇(勅願)
札所等 摂津国八十八箇所35番
文化財 不動明王立像・愛染明王坐像(府文化財)
法人番号 8120005001346
テンプレートを表示
山門
荘厳浄土寺歌碑と石碑

荘厳浄土寺(しょうごんじょうどじ)は、大阪府大阪市住吉区にある、真言律宗寺院。山号は朝日山

由緒[編集]

  • 創建は天慶年間(930年946年)頃と考えられている。
  • 応徳年間に、白河天皇の勅願により津守国基が再興[1]。白河天皇の勅願寺となり、荘厳浄土寺の寺号を賜る。当時は住吉神宮寺津守寺(両寺とも廃寺)と並び「住吉三大寺」と呼ばれるほど壮大な規模を有していた[1]
  • 現在の堂は、天和2年(1682年)の再建。
  • 住吉四天王寺とも称せられた。

後村上天皇正平年間に、住吉に御畢中、御父後醍醐天皇の、御霊を御信修された聖蹟であると、山門に向かって右側の石碑の裏には書いてある。

山門は明治時代になって廃寺となった住吉大社神宮寺である新羅寺から移築したものである。

文化財[編集]

  • 荘厳浄土寺境内 - 大阪府指定顕彰史跡。
  • 不動明王立像 - 大阪府有形文化財。
  • 愛染明王坐像 - 大阪府有形文化財。
  • 本堂 - 大阪市指定有形文化財[2]
  • 表門 - 江戸時代初期の薬医門[2]。大阪市指定有形文化財[2]

その他[編集]

  • 単に浄土寺と呼ばれる場合もある。
  • 近年、当寺の境内西側で発掘調査が行われた[1]

所在地[編集]

帝塚山東五丁目11-14

交通[編集]

南海高野線住吉東駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]