荒穂神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒穂神社
Araho-jinja.JPG
荒穂神社境内
所在地 佐賀県三養基郡基山町宮浦字宮脇2050
位置 北緯33度26分01.9秒
東経130度30分34.4秒
座標: 北緯33度26分01.9秒 東経130度30分34.4秒
主祭神 瓊々杵尊
社格 式内小社
旧県社
創建 孝徳天皇
本殿の様式 三間社流造檜皮葺
例祭 9月23日
主な神事 斎祭(5月1 - 7日)
テンプレートを表示

荒穂神社(あらほじんじゃ)は、佐賀県三養基郡基山町に鎮座する神社である。社格は式内小社県社

祭神[編集]

瓊々杵尊を主祭神に鴨大神、八幡大神、宝満大神、春日大明神住吉大明神五十猛命を配祀する。

歴史[編集]

孝徳天皇の時代(7世紀中頃)に創祀されたと伝わる。『日本三代実録』に貞観2年(860年)に従五位上から正五位下に陞叙された記録があり[1]延喜の制で国幣の小社に列した(式内社)。明治6年(1873年)に郷社昭和3年(1928年)に県社に列格した。

祭事[編集]

  • 歳旦祭 1月1日
  • 春祭 2月19日
  • 斎祭 5月1日から7日間
  • 夏祭 7月19日
  • 茅の輪 7月31日から3日間
  • 神幸祭 9月23日
  • 月次祭 毎月19日

脚注[編集]

  1. ^ 2月8日条。

外部リンク[編集]