荒木誠也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 誠也(あらき せいや)は、日本実業家アストモスエネルギー代表取締役社長、日本LPガス協会副会長。

人物・経歴[編集]

長崎県出身。1981年広島大学法学部卒業、出光興産入社[1]。大学ではワンダーフォーゲル部に所属[2]。2015年アストモスエネルギー常務。2017年アストモスエネルギー副社長。2018年からアストモスエネルギー代表取締役社長を務め[1]、同年ENEOSグローブ東京ガスリキッドホールディングスとともに、共同出資会社の立ち上げにより液化石油ガスの物流・保安で提携を行う合意を行った[3]日本LPガス協会副会長も務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「アストモスエネルギー社長に荒木誠也氏 」日本経済新聞2017/10/11 20:52
  2. ^ 平成30年2月広島大学
  3. ^ 東京ガス、LPガスで反撃 「江戸の敵を長崎で討つ」日本経済新聞2018/2/28 16:28
  4. ^ 役員一覧


先代:
増田宰
アストモスエネルギー社長
2018年 -
次代:
(現職)