荒木誠之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 誠之(あらき せいし、1924年10月12日 - 2015年11月12日[1])は、日本の法学者九州大学名誉教授。社会保障法学専攻。

熊本県生まれ。九州帝国大学法文学部法学科卒。1961年「労働者災害補償法の研究」で九州大学法学博士熊本大学法文学部講師、助教授、九大法学部助教授、教授。1988年定年退官、名誉教授、姫路獨協大学教授[2]。1995年熊本学園大学教授。2001年退職。

著書[編集]

  • 『日本の社会保障』同文館出版 1966
  • 『社会保障法』ミネルヴァ書房 法律学全書 1970
  • 『現代の社会保障』同文館出版 1972
  • 『労災補償法の研究 法理と制度の展開』総合労働研究所 1981
  • 『労働条件法理の形成』法律文化社 社会法研究シリーズ 1981
  • 『社会保障の法的構造』有斐閣 1983
  • 『社会保障法読本』有斐閣選書 1983
  • 『生活保障法理の展開』法律文化社 1999

共編著[編集]

  • 『現代社会福祉の課題』古賀昭典共編著 法律文化社 社会法研究シリーズ 1975
  • 『社会保障法』編 青林書院新社 1978
  • 『社会保障法 判例研究』林迪広共編 法律文化社 1979
  • 『労働法』窪田隼人共編 同文館出版 基本判例双書 1980
  • 『社会保障法』編 青林書院 1988
  • 『生活保障論 テキストブック』編 法律文化社 1996

翻訳[編集]

記念論文集[編集]

  • 『現代の生存権 法理と制度 荒木誠之先生還暦祝賀論文集』法律文化社 1986

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 死去ネット
  2. ^ 荒木誠之教授略歴・主要著作目録 (荒木誠之教授退職記念論文集)姫路法学 1995-03-25