荒木義朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 義朗(あらき よしお、1921年7月9日 - 1989年6月3日)は、日本の銀行家富士銀行頭取、会長、全国銀行協会連合会会長、経済同友会副代表幹事を歴任した。

人物・来歴[編集]

府立高等学校を経て京都帝国大学法学部を学徒出陣で繰り上げ卒業。陸軍経理学校で学び主計将校で終戦を迎える[1][2]

復員後、1945年秋に安田銀行(後の富士銀行)に入行。本店の貸付審査部門を長く担当し、本所広島の支店長を歴任した[1]

1970年に取締役に昇格。その後、1973年に常務、1975年に副頭取を務め、1981年に頭取に就任した。1987年に会長に退く。また、全国銀行協会連合会会長を2度務めたほか、経済同友会副代表幹事を6年間にわたり務めた[3]

経営に関して「企業のトップやリーダーは、まず身体が丈夫でなければなりません。体が弱ければ、必ず気も弱くなる。それと若い頃から全速力で走ること。息が切れるようじゃ上に進む資格はない。」など啓発的な提言もしていた。

学生時代から36歳までバスケットボールを続け、主将と監督も担った。草月流師範であったほか、バラ栽培、写真を趣味とするなど多芸多才であった[2]

1989年6月3日肺炎のため慶應義塾大学病院で死去。67歳[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「人間登場 富士銀行頭取になる荒木義朗さん」『読売新聞』1981年6月9日
  2. ^ a b 「人物グラフティ 荒木義朗さん」『読売新聞』夕刊 1987年9月7日
  3. ^ a b 「荒木義朗氏死去 富士銀行会長」『朝日新聞』1989年6月4日

参考文献[編集]


先代:
松沢卓二
富士銀行頭取
第6代:1981年 - 1987年
次代:
端田泰三