荒木優太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒木優太
生誕 (1987-02-24) 1987年2月24日(30歳)
東京都
居住 東京都[1]
研究分野 日本近代文学
出身校 明治大学
指導教員 宮越勉[2]
影響を
受けた人物
有島武郎
主な受賞歴 第59回群像新人評論賞
プロジェクト:人物伝

荒木 優太(あらき ゆうた、1987年2月24日[3] - )は、日本の文学研究者。専門は有島武郎

人物[編集]

大学に所属を持たない「在野研究者」を自称し[4]En-Sophパブーマガジン航などのウェブ媒体を中心として、日本近代文学の研究やフランス哲学の作品翻訳[5]などを発表している。

2015年に「反偶然の共生空間――愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞の優秀作に選ばれる(選考委員は大澤真幸熊野純彦鷲田清一[6])。同作について、法哲学者の吉良貴之は「ロールズ『正義論』の意欲的な読み方を示すものであるとともに、ご専門の近代日本文学への応用可能性も感じさせ、いわば〈法と文学〉の実践例としてとても興味深」いと評価している[7]

経歴[編集]

  • 1987年2月24日:東京都に生まれる
  • 2009年3月:明治大学文学部卒業[8][9]
  • 2011年3月:明治大学大学院文学研究科日本文学専攻博士前期課程修了(修士論文題目:「有島武郎のアナクロニズム――『或る女』と『断橋』の間で[10]」)

著作[編集]

単著[編集]

論文[編集]

  • 宮嶋資夫坑夫』試論――ポスト・プロレタリア文学の暴力論」、『大正文学論叢』第1号、明治大学大学院宮越ゼミ、2012年2月。
  • 「有島武郎『卑怯者』における子供/達の群れ――〈他者〉論のパラドックス」、『有島武郎研究』第18号、2015年3月。
  • 「反偶然の共生空間――愛と正義のジョン・ロールズ」(第59回群像新人評論賞優秀作)、『群像』11月号、2015年10月。
  • 「不幸な而して同時に幸福な――有島武郎『小さき者へ』と三木清「幼き者の為に」」、『大正文学論叢』第2号、明治大学大学院宮越ゼミ、2016年2月。
  • 柄谷行人と埴谷雄高(第一回)――「他者」のインフレーション」、『草獅子』第1号、双子のライオン堂、2016年11月。
  • 「傍観者心得――森鷗外『百物語』改釈」、『すばる』2月号、2017年1月。

エッセイ[編集]

  • 「人間の屑、テクストの屑」、『Witchenkare(ウィッチンケア)』vol.6、yoichijerry、2015年4月。
  • 宮本百合子「雲母片」小論」、『Witchenkare(ウィッチンケア)』vol.7、yoichijerry、2016年4月。
  • 「記憶の風化」、『文學界』7月号、2016年6月。
  • 「敗残者バイアス」、『リポート笠間』63号、笠間書院、2017年11月。

翻訳[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]