荒戸城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:城址風景の画像提供をお願いします。2016年11月
logo
荒戸城(荒砥城)
新潟県
城郭構造 山城
築城主 上杉景勝
築城年 1578年(天正6年)
主な城主 深沢氏、登坂氏、富里氏、栗林氏
廃城年 1598年(慶長3年)景勝の会津移封による
遺構

本丸跡・二の丸跡・三の丸跡 (曲輪・土塁・虎口・馬出し・堀切・堅堀・横堀)

上杉軍道
指定文化財

新潟県指定史跡

昭和51年3月31日

荒戸城(あらとじょう)は新潟県南魚沼郡湯沢町に存在した日本の城山城)。城跡は新潟県の史跡に指定されている[1]

歴史[編集]

  • 1578年天正6年)- 6月27日、御館の乱の際に、後北条氏の侵入を阻止するために上杉景勝が深沢利重・登坂与衛門尉らに命じて築城。
    • 8月、後北条勢、荒戸城を攻略し落城。
  • 1579年(天正7年) - 3月、景勝荒戸城を奪還する。
  • 1581年(天正9年)- 2月3日、景勝は、樋口与三右衛門兼重・冨里三郎左衛門らを城将に命じた。
  • 1598年慶長3年) - 景勝、会津移封により廃城。

概略[編集]

  • 所在地-新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立字袖山~大字三俣字下峠。
  • 標高-789m
  • 樋口主水助(直江兼続の叔父、湯沢が知行地で居城跡が主水公園になっており、川端康成の文学碑が立っている)
  • 主水山大岳寺(越後湯沢駅前)は、荒戸城で戦死した樋口主水助ゆかりの寺院。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 県指定文化財 (PDF)”. 新潟県 (2012年4月1日). 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]