荒川洋二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒川 洋二(あらかわ ようじ、1935年昭和10年)1月3日 - 2018年平成30年)11月22日)は、日本検察官弁護士弁護士法人サン総合法律事務所)。元大阪高等検察庁検事長

来歴[編集]

1959年(昭和34年)検事任官。大阪高検次席検事神戸地検大阪地検検事正等を経て、1995年(平成7年)高松高検検事長、1996年(平成8年)大阪高検検事長を歴任し、1997年(平成9年)に退官。

その後、弁護士登録し、各種企業役員を務める。2005年(平成17年)の秋の叙勲で瑞宝重光章を受章[1]

2018年11月22日、急性心不全のため死去、83歳[2]。叙正三位[3]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「秋の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2005年11月3日朝刊
  2. ^ 荒川洋二氏が死去 元大阪高検検事長 日本経済新聞 2018年11月26日
  3. ^ 『官報』7422号、平成31年1月8日
先代:
増井清彦
大阪高等検察庁検事長
1996年 - 1997年
次代:
逢坂貞夫