荒川博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒川 博之(あらかわ ひろゆき、1959年12月21日 - )は、栃木県を登録地としていた競輪選手日本競輪学校第49期生。師匠は鈴木正彦(34期)。

来歴[編集]

栃木県立小山高等学校時代の1976年第48回選抜高等学校野球大会に出場し準優勝を経験[1]。さらに同年開催の第58回全国高等学校野球選手権大会にも出場した。

1982年5月2日取手競輪場でデビューし初勝利、その後2走も勝利し、デビュー場所で完全優勝を果たした。

1985年、第一回全日本選抜競輪前橋競輪場)の決勝に進出し4着。1987年オールスター競輪宇都宮競輪場)の決勝に進出し9着。

2007年1月18日、選手登録削除。通算成績1851戦245勝、通算優勝回数42。

弟子[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]