荒川十太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

荒川 十太夫[1](あらかわ じゅうだゆう[1]、生年没年不詳)は、伊予松山藩藩士。元禄2年(1689)、江戸において伊予松山藩に仕官していた。身分は、徒歩目付、十二石三人扶持。伊予松山藩士荒川家の初代となる[2]

元禄16年(1703)2月4日、伊予松山藩主松平壱岐守定直の三田中屋敷(江戸の中屋敷)で、赤穂義士切腹が執り行われた。荒川十太夫は、その際、堀部安兵衛不破数右衛門介錯人を務めている[2]

概略[編集]

赤穂義士(浪士)の討ち入り
介錯人。白装束(切腹する武士)の背後で刀を構えている。

元禄16年(1703)2月4日、伊予松山藩三田中屋敷[3]にて赤穂義士の切腹が執り行われ、荒川十太夫はその際、2番目の堀部安兵衛と、5番目の不破数右衛門介錯人[4]を務めた。

堀部安兵衛は、高田馬場の仇討でも有名な人物。切腹の際、後ろで刀を構える荒川十太夫を振り返った安兵衛が「ご身分は」と尋ねると、十太夫は「ご心配なく」と答えた。が、安兵衛はじっとこちらを見つめたまま。そこで仕方なく「お馬廻役二百石でござる」と十太夫は答えた。

本当は、徒歩目付、十二石三人扶持であったが、そのような低い身分では、堀部家の恥になると考えた。そのときのとっさの気配りに藩主より褒美を授かっている[1][2]

現在の子孫[編集]

米良市右衛門の子孫である近藤健と、当該荒川十太夫の子孫である池田元が、赤穂義士研究家の佐藤誠を介して知己となる。米良市右衛門も荒川十太夫も共に赤穂義士の介錯人である。

すでに随筆春秋事務局員となっていた近藤の勧めもあり、池田が入会する。その後、近藤は同人誌 随筆春秋の代表、池田は一般社団法人随筆春秋の代表理事を務めるようになる。

赤穂義士の討ち入りからこの2022年でちょうど320年が経過している。ふたりの子孫の不思議な縁だとしている[5]


池田元」(記事)のエピソード(セクション)に詳細が記述されている。

・「池田元と近藤健」(2022年09月18日(土)16:51 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

古典芸能との関係[編集]

『荒川十太夫』は赤穂義士伝300席のうちのひとつである。最近では、講談師 神田松鯉人間国宝)やその弟子で人気講談師神田伯山が好んで読んでいる。それを知った歌舞伎役者尾上松緑が、講談をもとにした新作歌舞伎をこの10月(2022年)歌舞伎座で上演する[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c https://www.ako-minpo.jp/news/8126.html 左記は、赤穂民報(2013年05月23日)の記事「荒川十太夫の子孫が義士墓参」。ここに、荒川十太夫のことが記述されている。その荒川十太夫から数えて10代目の子孫である池田元についても記述がある。
  2. ^ a b c https://kenshu.co.jp/99_blank052.html 左記は、有限会社研修設計HPの配下のページ。「堀部安兵衛の介錯人・荒川十太夫のこと」と題して、経営者の池田元が書いている。ここに、このへんのことが綴られている。
  3. ^ 伊予松山藩の江戸の中屋敷。現在は、駐日イタリア大使館となっている。
  4. ^ 切腹する者の背後に立ち刀で首を落とす役目。
  5. ^ https://zuishun-episode.amebaownd.com/posts/14107722 左記は、「随筆春秋資料室HP」内の「近藤健と池田元」。
  6. ^ https://www.kabuki-bito.jp/news/7725 左記は、歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」HPの1ページ。「松緑出演『荒川十太夫』10月歌舞伎座で上演決定、「神田松鯉神田伯山 歌舞伎座特撰講談会」も開催」とのタイトルでこの件に関して、詳細が記述されている。以下はその冒頭部分。――2022年10月歌舞伎座「十月大歌舞伎」において、講談師人間国宝神田松鯉が口演する名作「荒川十太夫」をもとに、尾上松緑主演による新作歌舞伎の上演が発表されました。――

主な関係者一覧[編集]

外部リンク[編集]