荏子田横穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荏子田横穴(かんかん穴)
Ekoda Ouketsu Cave in 2010.jpg
荏子田横穴の外観(2010年9月)
所在地 神奈川県横浜市青葉区荏子田1丁目7番地1 荏子田朝日公園内
位置 北緯35度34分45.7秒
東経139度32分39.33秒
座標: 北緯35度34分45.7秒 東経139度32分39.33秒
形状 横穴墓
規模 1号墓 全長7.23m 長さ3.56m
幅2.87-3.18m 高さ2.18m
2号墓 全長3.67m 長さ2.7m 最大高1.1m
(横浜市教育委員会による)
出土品 なし
築造時期 1号墓:7世紀前半
2号墓:7世紀後半
被葬者 不明
史跡 横浜市指定史跡
埋蔵文化財
包蔵地番号
県:青葉区№28
市:青葉区№46
地図
荏子田横穴の位置(神奈川県内)
荏子田横穴
荏子田横穴
テンプレートを表示
1号墓の羨門(2010年9月)

荏子田横穴(えこだおうけつ)は、神奈川県横浜市青葉区荏子田1丁目にある2基の横穴墓。横浜市指定史跡。通称「かんかん穴」。

概要[編集]

鶴見川の支流・早渕川上流右岸の、標高約45mの丘陵南側に切り込む通称「船頭谷」と呼ばれる谷戸地の南西斜面に位置し、この地域の基盤層である上総層群に掘り込まれている。

1号墓と2号墓が存在し、1928年昭和3年)に発見・学会に紹介され、1956年昭和31年)5月に発掘調査が行われた。

1号墓の玄室形状は、切妻造り屋根のをかたどった特異な形状で、中にはや棟木、桁の浮き彫りが施されている。このような家型玄室は、鶴見川流域の多くの横穴墓の中でも形態上極めて珍しい例であり、県内の横穴墓の中でも年代的に古く、7世紀前半代に造られたこの地域の有力者の墓と考えられている。

2号墓は、1号墓羨門の正面向かって右上に開口しており、1号墓より小さく、平面形は丸みの強い楕円形を呈し、天井部形態はドーム型である。1号墓より新しい7世紀後半代のものと推定される。

1993年平成5年)に横浜市指定史跡となった。

現在は、荏子田朝日公園として整備・保存されているが、横穴は崩落の危険性もあり、で囲われていて内部を見学することはできない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 横浜市教育委員会編 1993(平成5)年 『横浜市指定・登録文化財編 横濱の文化財』 第3集 p27-p32

外部リンク[編集]