草部吉見神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
草部吉見神社
Kusakabeyoshimi.jpg
所在地 熊本県阿蘇郡高森町草部2175
位置 北緯32度46分57.5秒
東経131度13分4.7秒
座標: 北緯32度46分57.5秒 東経131度13分4.7秒
主祭神 日子八井命(国龍神)
社格 郷社
創建 孝霊三年(約紀元前288年)
本殿の様式 流造
別名 吉見大明神社
例祭 7月31日
テンプレートを表示

草部吉見神社(くさかべよしみじんじゃ)は、熊本県阿蘇郡高森町に鎮座する神社である。旧社格郷社日本三大下り宮の一社。

由緒[編集]

神武天皇の第一皇子である日子八井命(国龍神)を主祭神とする。日子八井命は、神武天皇東征の時、高千穂より五ヶ瀬川に沿ってこの地に来て、池の大蛇を退治し、池を埋めて宮居を定められた。館は草を束ねて壁とされた事により、この地方を草部と呼ぶようになった。さらに「此社吉宮床(ここぞよきみやとこ)」と言われた事により、吉見という社号を称するようになったと伝わる[1]

もともと池であったという伝えの通り、鳥居より石段を百数十段下ったところに社殿が鎮座している。このため「下り宮」とも呼ばれ[2]鵜戸神宮宮崎県日南市)、一之宮貫前神社群馬県富岡市)とともに日本三大下り宮の一社とされている。明治6年郷社に列した。

祭神[編集]

出典[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』角川書店、1987年、408頁
  2. ^ 熊本日日新聞編纂・発行『熊本県大百科事典』、1982年、227頁
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 熊本県教育会『阿蘇郡誌』熊本県教育会阿蘇郡支会、1926年、328-331頁
  • 鈴木喬 『熊本の神社と寺院』 熊本日日新聞社、1980年、64-65頁
  • 日本歴史地名大系44『熊本県の地名』平凡社、1985年、350頁
  • 阿蘇惟之編 『阿蘇神社』学生社、2007年、222-224頁

外部リンク[編集]