草薙厚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
草薙厚子
誕生 (1964-07-21) 1964年7月21日(53歳)
北海道
職業 ジャーナリスト
言語 日本語
最終学歴 明治学院大学
活動期間 2002年 -
ジャンル ノンフィクション
公式サイト www.kusanagiatsuko.com
テンプレートを表示

草薙 厚子(くさなぎ あつこ、1964年7月21日 - )は、北海道出身の女性ジャーナリストノンフィクション作家日本文藝家協会会員。明治学院大学社会学部卒業[1]。元少年鑑別所法務教官[2]

執筆記事[編集]

2002年から2003年にかけて、森昭雄が提唱する「ゲーム脳」を少年犯罪と結びつけた記事を執筆し、この仮説を「科学的に正しいもの」であるとしている[3][4]。また、「川島隆太が『テレビゲームが脳に悪影響を与える』と発言した」とする記事も書いている[5]

奈良県医師宅放火殺人の供述調書漏洩事件[編集]

2007年6月5日、奈良家庭裁判所が、奈良自宅放火母子3人殺人事件を取材した著書『僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実』について「少年審判に対する信頼を著しく損ない、関係者に苦痛を与えかねない」として、草薙と講談社に抗議文を送る。同年7月12日、同書について、東京法務局が「少年の成育歴などを詳細に記述したのは、プライバシーなどの人権の著しい侵害」と判断し、草薙と講談社に長男や父親らへの謝罪と増刷中止も含めた被害回復措置を取るよう勧告[6]

同年9月14日、奈良地方検察庁奈良県警が、刑法の秘密漏示容疑(非公開の少年審判や供述調書の漏洩)で、草薙の自宅や所属事務所などを捜索[7]。同年10月14日、奈良地検が、草薙に供述調書などの精神鑑定資料を閲覧させた精神科医を秘密漏示容疑で逮捕[8]

同年11月2日、奈良地検が、草薙への情報漏示罪で精神科医を起訴し[9]、草薙は嫌疑不十分で不起訴となる[10]。草薙は京都市内のホテルなどで捜査資料を開示されカメラで撮影した事実を認めた[11]

2008年4月9日、『僕はパパを殺すことに決めた』の版元の講談社が調査報告書を公表し、「『供述調書を直接引用しない』という取材源の医師との約束に反した重大な出版倫理上の瑕疵がある」と指摘された[12]。同年4月21日、草薙が記者会見し、講談社の調査報告書を「ICレコーダーの記録を無断で引用した」と批判し、謝罪と削除を要求してることを明らかにした[13]

同年8月28日、NHKが2007年9月22日に「草薙が奈良地検の事情聴取に対して『精神科医に頼み、調書の写しを見せてもらった』と話している」と報じた件で、草薙は「取材源は秘匿した」として、NHKに対して1000万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁で起こす[14]。同年12月10日、講談社は『僕はパパを殺すことに決めた』について、「コピー禁止」「直接引用禁止」「原稿の事前確認」の合意に反した「出版倫理上の瑕疵がある」と指摘した文書を全国の図書館に配布した。しかし草薙は、この3点の約束は無かったと主張し、講談社のウェブサイトに自身の見解を掲載させた[15]

2009年1月14日、草薙は、調書漏洩事件の公判(奈良地裁)で、一転して調書の入手先が起訴された医師であることや、許可なく調書を写真撮影した事実を認めた[16]。引用は講談社からの提案だったという[17]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 明治学院大学 社会学部40周年記念講演会”. 明治学院大学 (2005年10月29日). 2014年1月14日閲覧。
  2. ^ “奈良放火殺人事件の本めぐる公立図書館の対応 知る権利か 人権か”. 京都新聞. (2007年10月2日). http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/syuzainote/2007/071002.html 2013年11月4日閲覧。 
  3. ^ 「『ゲーム脳』の影響はここまできた! 女たちはなぜパンツを見せるのか」”. Web現代. 講談社 (2002年10月23日). 2002年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  4. ^ 草薙, 厚子 (2003年7月24日). ゲーム脳と少年犯罪の深い関係. 週刊文春. 
  5. ^ 草薙, 厚子 (2001年12月). 少年犯罪とゲームの深刻な関係. 文藝春秋. 
  6. ^ “東京法務局、少年調書「引用本」で著者らに謝罪勧告”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2007年7月12日). http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070712AT1G1202Q12072007.html [リンク切れ]
  7. ^ “奈良放火殺人、調書引用で著者宅など捜索…鑑定医を聴取”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月14日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070914it04.htm [リンク切れ]
  8. ^ “長男の鑑定医を逮捕 奈良秘密漏示事件”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2007年10月14日). オリジナル2007年10月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071016025728/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071014/crm0710141206007-n1.htm 
  9. ^ 2012年2月15日、最高裁は秘密漏示罪に問われた精神鑑定医の上告を棄却、懲役4月、執行猶予3年の一審、二審判決が確定した。“鑑定医の上告棄却、有罪確定へ 医師宅放火の調書漏えい”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2012年2月15日). http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012021501001555.html 2012年2月18日閲覧。 
  10. ^ “調書漏えい 鑑定医の有罪確定へ”. つなごう医療 中日メディカルサイト (中日新聞). (2012年2月16日). http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120217155619292 2014年1月11日閲覧。 
  11. ^ “ジャーナリストの草薙厚子さんは不起訴 調書漏洩”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2007年11月2日). オリジナル2007年11月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071102235247/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071102/crm0711021849035-n1.htm 
  12. ^ “調書引用:「取材源との約束違反」 講談社調査委が指摘”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年4月9日). オリジナル2008年4月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080410171513/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080410k0000m040123000c.html 
  13. ^ “「僕はパパを殺すことに決めた」筆者が講談社を批判”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年4月21日). オリジナル2008年4月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080425025152/http://sankei.jp.msn.com/culture/books/080421/bks0804212125010-n1.htm 
  14. ^ “草薙厚子さんがNHK提訴 「調書漏えいで誤報」”. 47NEWS (共同通信). (2008年8月28日). http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082801000645.html 
  15. ^ “奈良・田原本町の放火殺人:調書漏えい 講談社が報告書など送付”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年12月11日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081211ddm041040053000c.html [リンク切れ]
  16. ^ “「情報源は鑑定医」著者が証言 放火殺人調書漏出公判”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年1月14日). オリジナル2009年1月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2009-0114-1359-28/www.asahi.com/national/update/0114/OSK200901140038.html 
  17. ^ “調書引用、草薙氏「編集者が提案」”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年1月14日). オリジナル2009年1月15日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2009-0115-0221-47/www.asahi.com/national/update/0114/OSK200901140109.html 

外部リンク[編集]