茶香炉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茶香炉(ちゃこうろ)は、茶葉を熱してその香りを聞くための小さな香炉。通常は、ろうそくや電熱を熱源とし、上部に茶葉を載せる凹み、ないし、受け皿がある。茶香炉で焚く香りにはリラクゼーション効果や、消臭効果があるとされる[1]

伝統的に存在したものではなく、1997年愛知県半田市に本社置く愛知化学陶磁器が、アロマテラピーで用いるアロマポットにヒントを得てはじめて商品化した[2]2001年に全国地場産業優秀技術・製品表彰の最優秀賞「中小企業庁長官賞(地場産大賞)」を獲得したことから広く知られるようになり[2][3]、各地で様々な茶香炉が製作されるようになった。

一般的に茶香炉は、アロマポットより高い温度で茶葉を焚き[4]、使用済みの茶葉は焙じ茶として用いることができる[1][4]。茶葉の代わりに、コーヒー豆などを用いて香りを聞くこともできる[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b お茶香炉とは?”. かねこえん. 2011年9月30日閲覧。
  2. ^ a b “茶の香り楽しむ香炉、地場産表彰で大賞に”. 朝日新聞(朝刊:地方面:愛知1面). (2001年2月7日)  - 聞蔵IIにて閲覧
  3. ^ はんだの元気印企業 愛知化学陶磁器(株)”. 半田商工会議所 (2001年9月1日). 2011年9月30日閲覧。
  4. ^ a b c 茶香炉 とは?”. アロマ茶ポット. 2011年9月30日閲覧。