茶美豚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茶美豚(ちゃーみーとん)とは、日本のブランドの銘柄名。鹿児島県の特産品[1]。チャーミーポークと呼ばれることもある。

鹿児島県以外での飼育も行われているため[2]、鹿児島産を区別するため薩摩茶美豚鹿児島茶美豚と呼ぶこともある。

概要[編集]

品種的には、大ヨークシャー種デュロック種ランドレース種の三元交配種が飼育されていることが多い。

消費者の健康志向に対応した商品として、かごしま黒豚に続くブランド豚を産み出すために1994年からJA鹿児島県経済連で試験飼育が行われた。

JA鹿児島の広報資料によれば、通常の豚肉と比較して以下の特徴が挙げられている[3]

日本国内にブランド豚、銘柄豚は多数あり中には一般販売がされていない銘柄もあるが、茶美豚は地元の鹿児島に限って言えば、スーパーなどで普通に販売されている[4]

飼育法[編集]

(緑茶粉末、カテキン)を食べさせていることが最大の特色に挙げられる[4]

飼料用米を食べさせている他、穀物飼料(トウモロコシキャッサバ(鹿児島ではさつまいも)、大麦)を主原料に、茶(カテキン)を加えた「茶美豚専用飼料」を出荷前の2箇月から与えている[5]

肉質[編集]

茶を食べさせていることの効果は定かではないが、「脂がしっかりついていながら、サラッとしている」と中国茶評論家の工藤佳治は評している[4]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 呼称検索(詳細画面)”. 2012/10/19(UTC)閲覧。
  2. ^ 鹿児島県のほかに岩手県茨城県岡山県などでも生産している。
  3. ^ JA鹿児島県経済連:黒豚に続く新ブランド「茶美豚」の特徴”. 2013/09/02(UTC)閲覧。
  4. ^ a b c 工藤佳治 (2008年11月18日). “豚こそ一番。そしてお茶”. asahi.com. 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ おうちCO-OP配送職員らが「茶美豚(チャーミーポーク)」飼料用米の田植えを行いました”. ユーコープ (2015年5月25日). 2016年12月1日閲覧。