茶沢通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
茶沢通りの様子。(三軒茶屋付近)

茶沢通り(ちゃざわどおり)は、三軒茶屋下北沢、東北沢を結ぶ世田谷区道の通称。

経路[編集]

北から

(無名交差点) 都道420号線(北緯35.667265度0分0秒 東経139.673124度0分0秒 / 北緯35.66727度 東経139.67312度 / 35.66727; 139.67312 (都道420号線交差点))
|
小田急線踏切跡(北緯35.663033度0分0秒 東経139.669589度0分0秒 / 北緯35.66303度 東経139.66959度 / 35.66303; 139.66959 (小田急線踏切跡))
|
代沢三差路(北緯35.657772度0分0秒 東経139.667749度0分0秒 / 北緯35.65777度 東経139.66775度 / 35.65777; 139.66775 (代沢三差路))
|
代沢十字路 淡島通り(北緯35.650852度0分0秒 東経139.667322度0分0秒 / 北緯35.65085度 東経139.66732度 / 35.65085; 139.66732 (代沢十字路))
|
三軒茶屋駅国道246号及び世田谷通り(北緯35.643478度0分0秒 東経139.671074度0分0秒 / 北緯35.64348度 東経139.67107度 / 35.64348; 139.67107 (三軒茶屋))

名称の由来[編集]

三軒屋と下北を結ぶ道路であることから茶沢と命名された。

幅員[編集]

現行幅員は約11mで停車帯がない。代沢十字路から小田急線踏切跡付近の区間は幅員16mとして都市計画決定されているが、代沢十字路から三軒茶屋の区間は現行幅員で完成である。

道路の特徴[編集]

  • 日中は、三軒茶屋の駅に近いほど、沿道商店への納品車の路上駐車が多い。夜間は、ハイヤーバイクが多数通行する。
  • 日曜日の午後は、代沢十字路から三軒茶屋の区間が午後1時から午後5時の間歩行者天国になるので、三宿方面もしくは環七方面からの迂回が必要となる。

通行するバス路線[編集]

小田急シティバス下61系統(北沢タウンホール(北緯35.662059度0分0秒 東経139.669801度0分0秒 / 北緯35.66206度 東経139.66980度 / 35.66206; 139.66980 (北沢タウンホールバス停(乗り場))) - 駒沢陸橋(北緯35.628540度0分0秒 東経139.674706度0分0秒 / 北緯35.62854度 東経139.67471度 / 35.62854; 139.67471 (駒沢陸橋バス停)))
三軒茶屋 - 北沢タウンホール間にて通行する。