茶巾縛り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茶巾 (性的嗜好)から転送)
移動: 案内検索

茶巾縛り(ちゃきんしばり)は、スカートを捲り上げて裾を縛る遊び、あるいはいじめ方。タマネギとも呼ばれる。1980年代以降女学生の間で広まったが、現在では廃れている。

概要[編集]

まくりあげたスカートを、首や頭の上で縛ることにより自力では解けない状況にして放置する。茶巾とは、和菓子などの調理方法の茶巾絞りに由来する。1980年代では不良女子学生は概してスカートが長かったために、こうした行為により下半身を露出させ無抵抗にする遊びが存在した。校則に則ったスカート丈、もしくはミニスカートではこうした行為は難しく、スカートを長くしている(いわゆるツッパリの)女子学生を対象としたものであった。男性が行なうこともあったが、同じ不良の女子学生同士で行なわれたことも少なくなかった。

変遷[編集]

後に報復を怖れ、一般の女子生徒のスカートの裾を複数で持ち上げる行為も茶巾(もしくはタマネギ)と呼ばれ、不良同士の遊びからいじめへと変化していった。いずれにしても手が出ないようにするので、茶巾をされると自分で解くのは難しい。その間、ほとんど動けず無抵抗状態になり下半身が露出しスカートの中が丸見えで無防備になりパンツが丸出しになってしまう。一昔前まではスカートの下にブルマーなどをはいていない人が多くほとんどの女子生徒は生パンツだけだった。男子生徒の学生服を「タマネギー」と叫びつつめくり上げる類のいじめも散見された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]