茶山駅 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
茶山駅
駅全景
駅全景
ちゃやま
Chayama
(京都造形芸術大学前)
E02 元田中 (0.5km)
(0.7km) 一乗寺 E04
所在地 京都府京都市左京区田中北春菜町38[1]
駅番号  E03 
所属事業者 叡山電鉄
所属路線 叡山本線
キロ程 1.4km(出町柳起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
948人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1925年大正14年)9月27日[1]
テンプレートを表示

茶山駅(ちゃやまえき)は、京都府京都市左京区田中北春菜町にある叡山電鉄叡山本線。駅番号はE03

茶山という名称は、駅西方の山にかつて江戸時代の豪商茶屋四郎次郎の山荘があり「茶山」と通称されていたことに由来する[2]

多客時は鞍馬線の電車に車掌が乗り込むが、出町柳駅まで乗務せずに、この駅で車掌だけ鞍馬駅行きに乗り換える姿が見られる。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

対面式2面2線のホームを持つ。駅員無配置駅。出入り口はホームの出町柳駅側の踏切に面している。

出町柳駅方面行きホームのみ自動券売機が設置されており、8時から20時30分までの間稼動する[1]

宝ヶ池駅方面行きホームはホームのほぼ全体を、出町柳駅方面行きホームには約1両分の長さの上屋が設置され、ワンマンカーの乗降口をカバーしている。また、同ホーム北側には駐輪場がある[1]が、自転車が度々不法投棄されている事に電鉄側も頭を抱えている状態が続き、その対策として有料化された。

上下共にバリアフリーには対応していない。レール面からホーム面までの階段のみであるが(画像参照)車椅子等での利用には介護者が必要。

のりば
叡山本線(上り) 出町柳
京阪線(三条・枚方・大阪方面;出町柳乗り換え)
叡山本線(下り) 八瀬比叡山口鞍馬方面

駅周辺[ソースを編集]

駅周辺には閑静な住宅街が広がる。まばらながら飲食店もある。最寄りバス停留所は南東200メートルほどの京都市営バス3204系統「高原町」と、西南西へ250メートルほどの市バス3・3165・204・206系統「田中大久保町」である。

隣の駅[ソースを編集]

叡山電鉄
叡山本線
元田中駅 (E02) - 茶山駅 (E03) - 一乗寺駅 (E04)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 各駅情報 | 茶山駅”. 叡山電鉄. 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ 山谷和弥 『続・駅名ものがたり 叡山本線・鞍馬線に沿って』 カギコウ、1992年、25頁。ISBN 4-7970-4901-4
  3. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』4号 京福電気鉄道・叡山電鉄・嵯峨野観光鉄道・京都市交通局、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年4月3日、14-15頁。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]