茨城県南部地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茨城県南部地震
本震
発生日 1895年(明治28年)1月18日
震央 茨城県南部
規模    M7.2
最大震度    震度5:茨城県など(推定)
被害
死傷者数 死者6人・負傷者34人
被害地域 関東地方
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

茨城県南部地震(いばらきけんなんぶじしん)とは、1895年明治28年)1月18日に、日本関東地方で発生した地震である。

概要[編集]

1895年1月18日、茨城県の南部を震源とする、マグニチュード(M)7.2の地震が発生した。[1]

南関東直下地震の1つとみられる[独自研究?]

震度[編集]

この地震で、震央に近い茨城県などでは、震度5を観測したとされている。

各地のおおよその震度は以下の通り。[2]

震度 観測地域
5 茨城県 など
4 東北地方南部・関東地方甲信越地方 など
3 東北地方北部・新潟県岐阜県愛知県 など
2
1 北海道地方と東北地方の一部・北陸地方近畿地方四国地方中国地方の一部 など

被害[編集]

人的被害[編集]

この地震により、6人が犠牲となった[3]。また34人が負傷した。

建物被害[編集]

合計52棟の家屋が全壊した。半壊家屋は76棟。[3]

その他の地震[編集]

東北地方太平洋沖地震の余震[編集]

2011年平成23年)の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の本震以降、茨城県南部でも、余震が相次いで発生している。詳しくはこちらを参照。

脚注[編集]

  1. ^ 茨城県の地震災害の記録”. 水戸地方気象台. 2019年7月29日閲覧。
  2. ^ 図21 1895年1月18日の茨城県南部の地震【M7.2】の震度分布 (宇佐美,2003)”. 地震調査研究推進本部. 2019年7月29日閲覧。
  3. ^ a b 想定地震に係る歴史地震の整理について”. 埼玉県. 平成31-07-29閲覧。

関連項目[編集]