茅野蕭々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茅野蕭々

茅野 蕭々(ちの しょうしょう、1883年3月18日 - 1946年8月29日[1])は、日本のドイツ文学者詩人。本名は茅野 儀太郎[1]、号は暮雨。妻は歌人の茅野雅子(旧姓:増田)。

経歴[編集]

長野県諏訪郡上諏訪村(現諏訪市)出身。諏訪郡立実科中学校第一高等学校を経て、1908年東京帝国大学独文科卒業[1]第三高等学校教授、慶應義塾大学教授、日本女子大学教授を歴任した[1]

旧制一高在学中から与謝野鉄幹が主宰する新詩社の『明星』同人として短歌評論等を寄せ、妻雅子とともに活躍した[1]。「蕭々」は与謝野鉄幹から与えられたペンネームである[1]。『明星』廃刊後は、森鷗外、与謝野鉄幹らの『スバル』で活躍した。リルケゲーテその他の翻訳書が多数ある。茅野は当時、与謝野晶子山川登美子とともに『明星』に短歌を寄せ活躍していた3歳年上の増田雅子に熱烈な求婚をし、親の反対を受けた雅子が日本女子大の卒業を待って、絶縁覚悟で大学生の蕭々と結婚した。

戦時中は日本文学報国会外国文学部会長であった。1945年東京大空襲で被災して顔面に火傷を負い、翌46年失意のうちに脳溢血で急死し、雅子も後を追うごとく4日後に病死した。

著書[編集]

  • 『世界文学思潮』日進堂、1925
  • 『ゲョエテ研究』第一書房、1932
  • 『ゲョエテと哲学』第一書房、1936
  • 『獨逸浪漫主義』三省堂、1936
  • 『朝の果實』(随筆集、雅子と共著)岩波書店、1938

翻訳[編集]

  • 「人形つかひ」シユトルム(『世界少年文学名作集』)家庭読物刊行会、1919
  • 「兄と妹」エエブネル・エツシエンバツハ(『世界少年文学名作集』)家庭読物刊行会、1921
  • 『独逸戯曲集』玄文社出版部、1923
  • 『近代劇大系 第10巻 闖入者』メエテルリンク 近代劇大系刊行会、1923
  • ストリントベルク全集 第1』ダマスクスへ 岩波書店、1924
  • 『ストリントベルク全集 第3』令嬢ユリー・友だち 岩波書店、1924
  • リルケ詩抄』第一書房、1927/岩波文庫、2008[2]
  • 『令嬢ユリエ』ストリントベルク 岩波文庫、1927
  • 『若いヱルテルの悩み』ゲヨエテ 岩波文庫、1928
  • 『近代劇全集 第1巻』「ブランド」「ペエア・ギユント」ヘンリック・イプセン、第一書房、1928
  • 『世界大思想全集 十九世紀文学主潮史9』ゲーオア・ブランデス、春秋社、1930
  • 『近代劇全集 第5巻』「グラィヒェン伯爵」「ピグマアリオン」シュミットボン、第一書房、1927
  • 『近代劇全集 第11巻』「海戦」ゲョエリンク、「緑の鸚哥」シュニッツレル
  • 『絵なき絵本』アンデルゼン、岩波文庫、1934
  • 『母の歌と愛撫の歌』フリードリッヒ・フレョエベル、岩波書店、1934
  • 『ゲヨエテファウスト』岩波書店 、1936
  • 『緑の鸚鵡 一幕の猟奇劇』シュニッツレル、岩波文庫、1936
  • シラー選集第5巻』「戯曲 マリア・スチュアルト」冨山房、1942

論文[編集]

  • 詩歌の根本疑を解く(明星、明治40年7月号)
  • 詩歌の本質(明星、明治41年4月号)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 番匠谷英一『茅野蕭々先生』日本独文学会、1947年。doi:10.11282/dokubun1947.1.107https://doi.org/10.11282/dokubun1947.1.1072021年10月4日閲覧 
  2. ^ この訳詩集について、福永武彦『異邦の薫り(いはうのかをり)』新潮社 1979、141-153頁にエッセーがある。

参考文献[編集]

  • 日夏耿之介「明治大正詩史」河出書房新社、1991年
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年