茅野智行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茅野 智行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1941-10-24) 1941年10月24日(78歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年7月5日
最終出場 1965年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

茅野 智行(ちの ともゆき、1941年10月24日 - )は北海道出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

北海高等学校では1959年にエース荻野一雄を擁し、夏の甲子園南北海道予選決勝に進出するが、苫小牧東高に10回裏サヨナラ負け[1]。卒業後は芝浦工業大学へ入学。東都大学リーグでは1961年秋季にリーグ初優勝を経験[2]。同季の最高殊勲選手であった岩下光一が卒業した後の正遊撃手となり、1963年秋季リーグでは打率.389で首位打者を獲得、全試合連続安打や無失策も記録した。ベストナイン(遊撃手)2回選出。

1964年西鉄ライオンズに入団。同年はトニー・ロイの控えながら、遊撃手として13試合に先発出場する。守備には定評があったが打撃面で伸び悩み、その後は出場機会に恵まれず、1966年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 西鉄 34 57 55 5 11 2 0 0 13 1 2 1 1 0 1 0 0 16 2 .200 .214 .236 .450
1965 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年  38 60 58 5 11 2 0 0 13 1 2 1 1 0 1 0 0 17 2 .190 .203 .224 .427

背番号[編集]

  • 8 (1964年 - 1966年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「東都大學野球連盟七十年史」 東都大学野球連盟編纂委員会 2001年

関連項目[編集]