茅盾文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茅盾文学賞
各種表記
繁体字 茅盾文學獎
簡体字 茅盾文学奖
拼音 Máo Dùn Wénxué Jiǎng
英文 Mao Dun Literature Prize
テンプレートを表示

茅盾文学賞(ぼうじゅんぶんがくしょう)は、中国作家茅盾を記念して作られた文学賞[1]。中国作家協会が主催している、中華人民共和国の長編小説を対象とした。1982年に設立された。4年に一度開催する。

受賞作一覧[編集]

回・年 受賞者 受賞作 邦訳
第1回
1982年
魏巍 『東方』
周克芹 『許茂和他的女児們』
姚雪垠 『李自成』(第2巻) 陳舜臣陳謙臣訳『叛旗 小説李自成』1992年9月 徳間書店
莫応豊 『将軍吟』
李国文 『冬天裏的春天』
古華 『芙蓉鎮』 杉本達夫和田武司訳『芙蓉鎮』1987年10月 徳間書店
第2回
1985年
張潔 『沈重的翅膀』(改訂版)
劉心武 『鐘鼓楼』
李準 『黄河東流去』
第3回
1991年
路遙 『平凡的世界』
凌力 『少年天子』
孫力
余小恵
『都市風流』
劉白羽 『第二個太陽』
霍達 『穆斯林的葬礼』
蕭克 『浴血羅霄』(栄誉賞)
徐興業 『金甌缺』(栄誉賞)
第4回
1997年
陳忠実 『白鹿原』(改訂版) 林芳訳『白鹿原』1996年10月 中央公論社
王火 『戦争和人』
劉斯奮 『白門柳』(1・2巻)
劉玉民 『騒動之秋』
第5回
2000年
阿来 『塵埃落定』 西海枝裕美西海枝美和訳『塵埃落定―土司制度の終焉』2004年2月 近代文芸社
王安憶 『長恨歌』
張平 『抉択』
王旭烽 『茶人三部曲』(1・2巻)
第6回
2005年
熊召政 『張居正』
張潔 『無字』
徐貴祥 『歴史的天空』
柳建偉 『英雄時代』
宗璞 『東蔵記』
第7回
2008年
賈平凹 『秦腔』
遅子建 『額爾古納河右岸』 竹内良雄土屋肇枝訳『アルグン川の右岸』2014年4月 白水社
麦家 『暗算』
周大新 『湖光山色』
第8回
2011年
張煒 『你在高原』
劉醒龍 『天行者』
畢飛宇 『推拿』 飯塚容訳『ブラインド・マッサージ』2016年8月 白水社
莫言 『蛙』 吉田富夫訳『蛙鳴』2011年5月 中央公論新社
劉震雲 『一句頂一万句』 水野衛子訳『一句頂一万句』2017年8月 彩流社
第9回
2015年
格非 『江南三部曲』
王蒙 『這辺風景』
李佩甫 『生命冊』
金宇澄 『繁花』
蘇童 『黄雀記』
第10回
2019年
梁暁声 『人世間』
徐懐中 『牽風記』
徐則臣 『北上』
陳彦 『主角』
李洱 『応物兄』

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]