茅ヶ崎城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
茅ヶ崎城
神奈川県
中郭跡
中郭跡
城郭構造 丘城
天守構造 なし
築城主 後北条氏
築城年 14世紀末~15世紀前半頃
主な城主 不明
遺構 空堀、堀切、土塁、郭、土橋、虎口
指定文化財 横浜市指定史跡
登録文化財 なし
位置 北緯35度32分40.44秒
東経139度34分44.12秒
地図
茅ヶ崎城の位置(神奈川県内)
茅ヶ崎城
茅ヶ崎城

茅ヶ崎城(ちがさきじょう)は、神奈川県横浜市都筑区にあった日本の城である。中世の城郭としては、比較的よく遺構が残っている。横浜市指定史跡。

歴史・沿革[編集]

茅ヶ崎城は治安年間に多田行綱による築城とする言い伝えもあるが、正確な築城年代は分かっていない。現在は、おそらく後北条氏による築城だろうと考えられているが、遺物は上杉氏に見られるうずまきかわらけなどが中心で後北条の時代の遺物は発見されていない様である。[1]

小田原衆所領役帳」によれば、茅ヶ崎一帯は小机衆の一員である座間氏の所領だったことから、茅ヶ崎城は小机城の支城で、座間氏が城代もしくは城番を勤めていたものと思われる。後北条氏滅亡とともに廃城となった。

遺構[編集]

周辺は宅地化されているものの比較的よく遺構が残っており、土塁、空堀、郭、台の跡がはっきりと確認できる。また小堀切を含む一部の郭には立入りが出来ない。以前はただの雑木林だったが、平成17年より横浜市が茅ヶ崎城址公園として整備を進め、平成20年6月に一部公開した。

2009年(平成21年)11月2日、横浜市指定文化財史跡)となった。

観光[編集]

センター南駅より徒歩約6分程度

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現地主郭の遺物解説版