范五老

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
范五老
各種表記
クォック・グー Phạm Ngũ Lão
漢字チュノム 范五老
北部発音: ファン・グー・ラオ
音読み はん ごろう
テンプレートを表示

范 五老(はん ごろう[1]、ファン・グー・ラオ、ベトナム語: Phạm Ngũ Lão / 范五老元豊5年(1255年) - 大慶7年(1320年11月)は、陳朝大越の将軍。仁宗英宗明宗の三代に仕えた。戦場における優れた将軍として有名であり、現在においても、陳朝およびベトナム史において、最も優れた軍の指揮官であったと考えられている。

生涯[編集]

その才能を認めた興道王陳国峻は養女の英元郡主を范五老に嫁がせている[2]。大越がモンゴル帝国)から2度目ベトナム語版3度目ベトナム語版の侵攻を受けた際の、陳氏以外の数少ない将軍の一人である。元との戦争の後も、幾多の戦争で数多くの軍功を収めた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『東洋歴史大辞典』下巻、池内宏矢野仁一橋本増吉編、臨川書店1986年10月1日(原著1937年)、縮刷復刻版、255頁。ISBN 978-4653014690
  2. ^ 『大越史記全書』本紀巻之六 陳紀 明宗皇帝