茂山正邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茂山 正邦(しげやま まさくに、1972年昭和47年)7月7日 - )は、狂言大蔵流能楽師。十三世茂山千五郎の長男。

立命館大学出身。父親である千五郎、祖父四世・茂山千作、曽祖父三世・茂山千作に師事し、修行を積んだ。初舞台は、「以呂波」のシテ。1993年、「花形狂言会」に入会した。1998年、大阪市咲くやこの花賞受賞。

1995年以来、浦田保浩浦田保親シテ方観世流)、谷口有辞大鼓方石井流)、曽和尚靖小鼓幸流)とともに「心味の会」の結成し活動。年一回の公演および狂言を含めた能楽の普及活動を行っている。

関連項目[編集]