茂宇気神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
茂宇気神社
Mouke shrine.jpg
所在地 鳥取県鳥取市鹿野町河内
位置 北緯35度25分35.6秒
東経134度0分53秒
座標: 北緯35度25分35.6秒 東経134度0分53秒
主祭神 天照大神
社格 村社、神饌幣帛料供進神社
例祭 10月17日
テンプレートを表示

茂宇気神社(もうけじんじゃ)は、鳥取県鳥取市鹿野町河内にある神社。祭神は天照大神である。旧社格は村社。

概要[編集]

古くは地元集落の氏神にすぎなかったが、「茂宇気(もうけ)」が「儲け(もうけ)」に通じることから、今では商売繁盛の神様として広く信仰を集めている。

明治5年(1872年)村社に列する。大正9年(1920年)村民が協力し設備を整備したことにより、神饌幣帛料供進神社に指定された。

周辺[編集]

  • 県道21号線

アクセス[編集]

  • JR宝木駅から日ノ丸バス河内行きに乗車。「毛古屋」下車徒歩15分
  • 中国自動車道佐用ICから1時間40分

関連項目[編集]