英国核燃料会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
英国核燃料会社
British Nuclear Fuels plc
種類 株式会社持ち株会社
市場情報 全株イギリス政府保有
略称 BNFL
本社所在地 イギリス
設立 1971年2月
(British Nuclear Fuels Limited として)
業種 原子力産業
事業内容 核燃料の製造と再処理
原子力発電所の運転。他。
主要株主 イギリス政府
外部リンク www.bnfl.com
テンプレートを表示

英国核燃料(えいこくかくねんりょう、英語: British Nuclear Fuels Limited、BNFL)はかつて存在したイギリス政府所有の持株会社。MOX燃料などの核燃料の生産と輸送、原子炉の運営、発電および売電、セラフィールドなどでの使用済み燃料の管理および再処理、原子力施設の廃止措置や原子炉廃炉などイギリスの原子力産業で中心的役割を担っていた。

2003年まではウォリントン近郊のリズリー英語版に本社を置いていたが、その後同じくウォリントン近郊のデアズベリー英語版公園工業団地に移動した。

2005年4月1日、BNFLは新しい持ち株会社として英国原子力グループを編成し、分野・部門全体のほとんどの売却・移譲を含む厳しい再編工程を始めた。2005年、保有していた原子力施設は原子力廃止措置機関(NDA)に移譲した。子会社であったウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーは2006年2月に東芝に売却された。後に、BNFLは主要子会社から編成された英国原子力グループを売却した。2009年5月BNFLはその資産のすべての売却を終えその役割を終えた。

BNFLはすべての年金債務と処分計画で生じる義務に合致した法人としてのみ存続した。しかし、2010年10月14日、内閣府担当大臣英語版フランシス・モーデ英語版はBNFLがほかのいくつかの政府機関と共に廃止されることを発表した[1]

歴史[編集]

英国核燃料公社(British Nuclear Fuels Limited、BNFL)は英国原子力公社英語版の生産部門の会社分割によって1971年2月に立ち上げられた。1984年には英国核燃料社として完全英国政府所有の公開有限責任会社英語版、英国核燃料会社(British Nuclear Fuels plc) となった。

クリストファー・ハーディングの社長時代には、ウィンズケール工場の名称をセラフィールドに変更し、国民に対して黙って背を向けるのではなく両手を広げて歓迎すべきだとして、一般の人々に開放されたビジターセンターを設立した。

1990年には米国で原子炉の除染事業と廃止措置に特化した子会社としてBNFL(BNFL Inc.)が設立された。

1996年、イギリス国内の7基の改良型ガス冷却炉と1基の加圧水型原子炉を含む8箇所の新型原子力発電所はブリティッシュ・エナジーとして民営化され、21億ポンドで売却された[2]。旧型のマグノックス炉は商用としては魅力的でなかったために、マグノックス・エレクトリックとして公的所有の状態に留め置かれた。1998年1月30日、マグノックス・エレクトリックはBNFLの傘下となり、BNFLマグノックス発電となった。

品質データ改ざん問題[編集]

1999年にBNFL職員がいくつかのMOX燃料の品質保証データを1996年から改竄していることが発見された[3]。また、1999年から2000年にかけてBNFLで製造し、関西電力高浜原子力発電所プルサーマル発電に使われるはずだったMOX燃料の抜き取り検査で、BNFLが品質保証のために必要な燃焼ペレットの外径測定を行わずに測定データを偽装するという不正も見つかった[4]。更にその不正調査の過程で、調査を混乱させるためにBNFLの作業員が故意に燃料棒に異物を混入させるという事件も発生した。

原子力施設検査局英語版(NII)の調査は「管理と操作の段階は...事実上存在しなかった[5]」と結論付けた[6]。結果、日本側は使用を中止し、BNFLは日本の顧客である関西電力に保証金を支払い、2002年に欠陥のあった出荷済みMOX燃料を日本から回収した[7]。BNFLの最高経営責任者であったジョン・タイラーは最初は辞任に抵抗したものの、NIIの厳しい報告書が発表されたことによって辞職した[8][9][10]

この問題の結果、BNFLの部分的民営化の見込みは2年間遅れた[11][12][13]。また、これにより日本プルサーマル計画は大きく遅延することになった。

拡大[編集]

1999年、ウェスティングハウス・エレクトリックの改組したCBSの商業原子力部門であるウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーを11億ドルで取得した。ウェスティングハウスの事業は燃料生産、原子力施設の廃止措置、原子炉設計・建設・保守などであった[14]。ウェスティングハウスはBNFLの部分的民営化の中核となることが可能として買収された[15]

2000年、アセア・ブラウン・ボベリから原子力事業を3億ポンドで購入した。この部門はアジア・欧州・米国での原子力市場に興味を持っていたウェスティングハウスに統合された[16]。2000年6月、BNFLは南アフリカのペブルベッドモジュール炉社英語版22.5%の株式を取得した[17]

2003年1月、BNFLの研究開発部は原子力科学技術サービス(Nuclear Sciences and Technology Services、NSTS)として再スタートした。

しかしながらBNFLの財政問題は悪化し、部分的な民営化の見通しは遠のいた[15][18][19]

再編・解体[編集]

2005年4月1日、広範な原子力産業の再構築の一つとして同社は再編される事となった。英国核燃料社は英国原子力グループ(British Nuclear Group、BNG)となり、新しい持ち株会社として英国核燃料の名前を採用した公開有限会社(British Nuclear Fuels plc)が設立された[20]。この新しい持ち株会社の英国核燃料社は主として主要子会社のBNG、ウェスティングハウスのほか、商用原子力技術サービス業のNSTSから形成されたネクシア・ソリューションズなどを通して運用された[21]

2005年4月1日には原子力廃止措置機関(NDA)が設立され、セラフィールドを含めBNFLの保有するすべての原子力施設の所有権を取得した。NDAはその後コストを削減するために入札を行って、それぞれの施設の廃止措置を始めた。BNFLはBNGを通して廃止措置契約会社の一つとなった。BNFLの原子力廃棄物処理企業であるダイレクト・レール・サービス英語版インターナショナル・ニュークリア・サービス英語版もまたNDAに移管された。

2005年4月19日、米国のBNFLはBNGアメリカに改名し、BNGグループの子会社となった[22]

ウェスティングハウス売却[編集]

2005年7月、BNFLはウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーを販売する計画を公式に認め、18億ドルの価値があると推定した。入札には東芝ゼネラル・エレクトリック三菱重工業などが入札することとなり、2006年1月23日、東芝が50億ドルで落札したとフィナンシャル・タイムズが報じた[23]。2006年2月6日、東芝はウェスティングハウスを54億ドルで購入したことを明らかにし、少数株式を投資家に売却すると発表した[14]

英国原子力グループ解体[編集]

2006年2月3日、BNFLはBNGアメリカのエンバイロケアへの売却に合意したことを発表し、エンバイロケアとBNGアメリカなどの4社が統合してエネルギーソリューションズ英語版が設立された[24]

2006年3月、BNFLはBNGの売却を模索していると発表した。ウェスティングハウス、BNGアメリカなどの売却に加えBNGも売却することは実質的なBNFLの終わりを意味していた。BNFLのCEOのマイク・パーカーは「現在から2007年の末までにBNFL会社本体の必要性は小さくなる[25]」と述べた[26]。2006年8月22日、BNFLは継続企業としてBNGを販売するかわりに部分部分に分割して売却することを発表した[27]

2007年1月、BNFLはBNGのマグノックス炉施設の運営業を原子炉施設運営社(Reactor Sites Management Company Ltd)に売却することを発表した[28]。この会社はNDAと営業契約を結んだ子会社のマグノックス・エレクトリックと共に2007年6月にエネルギー・ソリューションズに売却された[29][30]。すべてのマグノックス発電所は2015年までに運転を終了する予定である。

BNGの原子力コンサルティング業務の専門部であるBNGプロジェクトサービスは2008年1月にVT グループに売却され、後にVTグループはバブコック・インターナショナル・グループ英語版に買収されている[31]

BNGはセラフィールド社に改名し、セラフィールドの施設廃止措置のためのNDAの施設許可会社(Site Licence Company、SLC)になった。2008年11月NDAはセラフィールド社の運営をURS英語版AMEC英語版アレヴァの共同事業会社ニュークリア・マネジメント・パートナーズに任せる契約を行った[32]

国立原子力研究所の立ち上げ[編集]

2006年7月、英国政府は要素技術や潜在的開発力を英国国立原子力研究所英語版(NNL) として保持、開発する意向を述べた。2006年10月、通産大臣英語版アリスター・ダーリングがNNLはネクシア・ソリューションズとセラフィールドの英国技術センターから結成されることを確認した[33]。NNLは政府所有・民間運営方式(COGO)で2008年7月に立ち上げられ、サーコ英語版バテル英語版マンチェスター大学の共同事業団が運営することになった[34]

処分[編集]

BNFLが保有するウレンコ英語版株の3分の1相当はEnrichment Holdings Ltdを通して2008年4月に株主執行庁英語版に移譲され、政府は売却の可能性を検討している[35]

BNFLが保有する核兵器財団英語版[要リンク修正](AWE)運営会社AWEマネジメントの3分の1相当の株式は2008年12月、ジェイコブス・エンジニアリング・グループ英語版に売却された[36]

BNFLは事業売却は徐々に進み、2008年12月31日に非公開有限責任会社に戻り、British Nuclear Fuels plcから元の名前であるBritish Nuclear Fuels Limitedに戻った[37]。BNFLの旧事業の最終的な売却取引は2009年5月に完了した。

事業所[編集]

BNFLの18事業所(イギリス国内)

イギリス国内にあるBNFLの18事業所(廃止したものを含む)は、以下の通り。


関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Curtis, Polly (2010年10月14日). “Government scraps 192 quangos”. London: The Guardian. オリジナル2010年10月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101016003935/http://www.guardian.co.uk/politics/2010/oct/14/government-to-reveal-which-quangos-will-be-scrapped 2010年10月14日閲覧。 
  2. ^ Risk Management: The Nuclear Liabilities of British Energy plc (PDF)”. National Audit Office (2004年2月6日). 2006年8月25日閲覧。
  3. ^ Watts, Jonathan; Paul Brown (15.09.99). “Japan launches inquiry into BNFL”. Guardian Newspapers. pp. 9 
  4. ^ 関西電力プルサーマル計画の実施に向けて~MOX燃料の品質保証~2007年11月。
  5. ^ the level of control and supervision ... had been virtually non-existent
  6. ^ Nuclear Installations Inspectorate (2000年2月18日). An Investigation into the Falsification of Pellet Diameter Data in the MOX Demonstration Facility at the BNFL Sellafield Site and the Effect of this on the Safety of MOX Fuel in Use. http://www.hse.gov.uk/nuclear/mox/mox1.htm 2006年11月18日閲覧。. 
  7. ^ “BNFL ends Japan nuclear row”. BBC. (2000年7月11日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/828046.stm 2006年11月18日閲覧。 
  8. ^ “Safety overhaul at Sellafield”. BBC. (2000年4月17日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/717051.stm 2006年11月18日閲覧。 
  9. ^ “BNFL chief determined to stay despite damning safety report”. Daily Telegraph. (2000年2月19日). オリジナル2002年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20021120222700/http://www.telegraph.co.uk/htmlContent.jhtml?html=/archive/2000/02/19/nbnfl19.html 2006年11月18日閲覧。 
  10. ^ Nolan Fell (2000年4月1日). “BNFL in crisis”. Nuclear Engineering International. http://www.neimagazine.com/features/featurebnfl-in-crisis/ 2014年1月17日閲覧。 
  11. ^ Janet Wood (2000年5月1日). “Good business?”. Nuclear Engineering International. http://www.neimagazine.com/features/featuregood-business-/ 2014年1月17日閲覧。 
  12. ^ George Jones (2000年3月30日). “Safety fear delays BNFL sell-off plan”. Daily Telegraph. オリジナル2002年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20021120101030/http://www.telegraph.co.uk/htmlContent.jhtml?html=/archive/2000/03/30/nbnfl30.html 
  13. ^ Sophie Barker (2000年6月30日). “Jaguar man to take BNFL private by 2002”. Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/finance/4456333/Jaguar-man-to-take-BNFL-private-by-2002.html 2014年1月17日閲覧。 
  14. ^ a b “Toshiba buys BNFL firm for $5.4bn”. BBC. (2006年2月6日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/4685432.stm 2006年8月25日閲覧。 
  15. ^ a b “Technology transfer - Selling Westinghouse is lucrative but controversial”. Economist: pp. 30—31. (2006年1月26日). http://www.economist.com/node/5444951 2014年1月17日閲覧。 
  16. ^ “BNFL to Acquire Nuclear Business of ABB” (プレスリリース), BNFL, (1999年12月29日), http://www.prnewswire.com/cgi-bin/micro_stories.pl?ACCT=127481&TICK=WE&STORY=/www/story/12-29-1999/0001104806&EDATE=Dec+29,+1999 2006年8月25日閲覧。 
  17. ^ “Nuclear Power in South Africa”. World Nuclear News. (2013年11月30日). http://www.world-nuclear.org/info/Country-Profiles/Countries-O-S/South-Africa/ 2014年1月17日閲覧。 
  18. ^ “BNFL performance up, Westinghouse up for sale”. Nuclear Engineering International. (2005年7月1日). http://www.neimagazine.com/news/newsbnfl-performance-up-westinghouse-up-for-sale 2014年1月17日閲覧。 
  19. ^ “What's happened to BNFL?”. Nuclear Engineering International. (2005年7月27日). http://www.neimagazine.com/news/newswhat-s-happened-to-bnfl-/ 2014年1月17日閲覧。 
  20. ^ BNFL Annual Report and Accounts 2005 (PDF)”. British Nuclear Fuels plc. pp. 3 (2005年). 2006年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月26日閲覧。
  21. ^ “Launch of Nexia Solutions Limited”. National Nuclear Laboratory. http://www.nnl.co.uk/news/launch-of-nexia-solutions-limited.html 
  22. ^ “BNG America is launched”. British Nuclear Group. (2005年4月19日). オリジナル2006年3月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060322095516/http://www.britishnucleargroup.com/content.php?pageID=31&nID=210 2006年8月25日閲覧。 
  23. ^ Terry Macalister and Mark Milner (2006年1月24日). “Toshiba to buy BNFL's Westinghouse”. The Guardian. http://www.theguardian.com/business/2006/jan/24/nuclearindustry.environment 2014年1月17日閲覧。 
  24. ^ “BNG America to Join EnergySolutions”. BNG America. (2006年2月3日). オリジナル2006年3月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060322084419/http://www.bngamerica.com/index.php?load=news&page=index&pageNum=1&op=corp_fetch&news_id=29 2006年8月25日閲覧。 ; see also Jameson, Angela (2006年2月3日). “BNFL sells American nuclear business for $90m”. London: The Times. http://business.timesonline.co.uk/article/0,,9078-2022581,00.html (Paid subscription required要購読契約)
  25. ^ there will be little need for the BNFL corporate centre from this time
  26. ^ Jameson, Angela (2006年7月4日). “BNFL to be wound up by end of 2007”. London: The Times. http://business.timesonline.co.uk/article/0,,9069-2254894,00.html 2006年8月25日閲覧。 
  27. ^ Griffiths, Katherine (2006年8月23日). “Anger as nuclear sell-off is shelved”. London: Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/money/main.jhtml?xml=/money/2006/08/23/cnenergy23.xml 2006年8月25日閲覧。 
  28. ^ “BNFL sale of reactor sites business”. Nuclear Engineering International. (2007年1月12日). http://www.neimagazine.com/story.asp?sectionCode=132&storyCode=2041390 2007年1月31日閲覧。 
  29. ^ MacAlister, Terry (2007年6月8日). “Salt Lake City firm takes over UK nuclear sites”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/business/2007/jun/08/nuclearindustry.energy 
  30. ^ “BNFL sells Reactor Sites Management Company to EnergySolutions”. (2007年6月15日). http://www.business-sale.com/news/article/bnfl-sells-reactor-sites-management-company-to-energysolutions-27811.html 
  31. ^ “VT Group is going nuclear in a £75m deal”. This is Money. http://www.thisismoney.co.uk/money/markets/article-1617847/VT-Group-is-going-nuclear-in-a-75m-deal.html 
  32. ^ Madslien, Jorn (2008年11月24日). “BNFL is history as consortium steps in”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/7733487.stm 
  33. ^ “UK plans new nuclear research group”. Nuclear Engineering International. http://www.neimagazine.com/story.asp?storyCode=2039953 
  34. ^ “Consortium to run UK National Nuclear Lab”. Nuclear Engineering International. http://www.neimagazine.com/story.asp?storyCode=2052542 
  35. ^ “BNFL reaches its end”. World Nuclear News. http://www.world-nuclear-news.org/C_BNFL_reaches_its_end_1510103.html 
  36. ^ “Jacobs Completes Purchase of Share in AWE”. Nuclear Careers Online. http://nuclearcareersonline.net/2009/06/jacobs-completes-purchase-of-share-in-awe/ 
  37. ^ “British Nuclear Fuels Limited Company Details”. Companies House. http://wck2.companieshouse.gov.uk/aa6eaeefdcbe197fbc54544e773a326e/compdetails 

外部リンク[編集]

報道[編集]