苫小牧市立病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 苫小牧市立病院
Tomakomai City Hospital.JPG
情報
英語名称 Tomakomai City Hospital
前身 苫小牧町立病院、苫小牧市立保健病院、苫小牧市立総合病院
標榜診療科 内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、外科、内視鏡外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、小児科、新生児科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、皮膚科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、歯科、歯科口腔外科
許可病床数

382床
一般病床:378床


感染症病床:4床
機能評価 一般病院2(200〜499床)(主たる機能):3rdG:Ver.1.0〜[1]
開設者 苫小牧市長
管理者 松岡伸一(院長)
地方公営企業法 一部適用[2]
開設年月日 1946年10月11日
所在地
053-8567
北海道苫小牧市清水町1丁目5-20
位置 北緯42度39分07秒 東経141度36分12秒 / 北緯42.65194度 東経141.60333度 / 42.65194; 141.60333 (苫小牧市立病院)座標: 北緯42度39分07秒 東経141度36分12秒 / 北緯42.65194度 東経141.60333度 / 42.65194; 141.60333 (苫小牧市立病院)
二次医療圏 東胆振
PJ 医療機関
テンプレートを表示

苫小牧市立病院(とまこまいしりつびょういん)は、北海道苫小牧市にある病院市区町村立病院)。東胆振と日高を医療圏とする広域中核病院。

沿革[編集]

機関指定[編集]

臨床研修指定病院 災害拠点病院(地域医療災害センター)
災害派遣医療チーム北海道DMAT指定病院 救急告示病院(救急指定病院
東胆振地域センター病院 北海道がん診療連携指定病院
地域周産期母子医療センター 日胆地方小児救急医療拠点病院
エイズ協力医療機関 第2種感染症指定医療機関
感染症法結核指定医療機関 母子保健法未熟児養育医療指定医療機関
先天性血液凝固因子障害等治療研究業務委託医療機関 ウイルス性肝炎進行防止対策・橋本病重症患者対策医療給付事業業務委託契約医療機関
小児慢性特定疾患治療研究業務委託契約医療機関 小児科兼インフルエンザ定点指定届出機関
保険医療機関(健康保険法国民健康保険法 国民健康保険療養取扱機関
労災保険指定医療機関 生活保護法指定医療機関
指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療) 児童福祉法助産施設
特定疾患治療研究業務委託契約医療機関 原子爆弾被爆者一般疾病指定医療機関
感染症動向調査事業に係る指定届出機関 眼科定点指定届出機関
基幹定点届出機関 母体保護法指定医師が配置されている医療機関
肝疾患に関する専門医療機関

診療科等[編集]

診療科

部門

施設認定[編集]

日本がん治療認定医機構認定研修施設 日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本呼吸器学会関連施設 日本リウマチ学会教育施設
日本循環器学会専門医研修施設 日本心血管インターベンション治療学会研修施設
日本消化器病学会認定施設 日本大腸肛門病学会関連施設
日本消化器外科学会専門医修練施設 日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本乳癌学会関連施設 日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本脳神経外科学会C項専門医訓練施設 日本小児科学会専門医研修施設
日本周産期・新生児医学会周産期新生児専門医暫定指定研修施設 日本周産期・新生児医学会周産期母体・胎児専門医暫定指定研修施設
日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設 日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本透析医学会専門医制度教育関連施設 日本眼科学会専門医制度研修施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設 日本病理学会登録施設
日本臨床細胞学会施設認定病院 日本口腔外科学会専門医制度関連研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関

アクセス・駐車場[編集]

国道276号(支笏湖通)沿いに位置し、北海道道781号苫小牧環状線(双葉三条通・明野北通)からのアクセスも良い。苫小牧市緑ヶ丘公園に隣接している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 苫小牧市立病院”. 日本医療機能評価機構. 2017年7月5日閲覧。
  2. ^ 道内市町村立病院の地方公営企業法適用状況 (PDF)”. 北海道 (2015年). 2017年7月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 沿革・概要”. 苫小牧市立病院. 2017年7月5日閲覧。
  4. ^ “市立総合病院高等看護学院で最後の卒業式”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年3月5日). http://www.tomamin.co.jp/2005/tp050305.htm 2015年4月21日閲覧。 
  5. ^ “患者受け入れ医師派遣も 胆振と八雲の6病院が災害支援協定”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2014年5月28日). http://www.tomamin.co.jp/20140513131 2015年4月20日閲覧。 
  6. ^ 手術支援ロボ初導入へ 苫市立病院と王子総合病院”. 苫小牧民報 (2019年9月11日). 2019年9月12日閲覧。
  7. ^ 平日のみ乗り入れ。
  8. ^ あつまバスは「市立病院前」。

外部リンク[編集]