若隼人幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若隼人 幸治(わかはやと こうじ、1971年1月3日 - )は、鹿児島県熊毛郡中種子町出身の元大相撲力士宮城野部屋所属。本名は稲子 幸治(いなご こうじ)。身長184cm、体重161kg。趣味は、野球観戦とパチンコ。最高位は十両3枚目(1996年3月場所、5月場所)。

来歴[編集]

幼い頃から相撲を始め、小学校では地区の相撲大会で連続優勝するなど活躍を見せた。中学校では柔道部に所属したが、力士に憧れていたため相撲も続けていた。3年生の時に宮城野部屋から4度の勧誘があり、その熱意に打たれて卒業とともに入門し、1986年3月場所に初土俵を踏んだ。序二段から三段目に掛けて苦労した時期があったが、1991年3月場所に幕下に昇進。1994年11月場所には新十両に昇進した。1996年3月場所には西十両3枚目まで番付を上げ、序盤から中盤まで勝ち負けを繰り返していたが、10日目には同じ鹿児島県出身の元大関で幕尻まで番付を落としていた霧島との一番でも白星を挙げる(この場所限りで霧島は引退、自身も引退時に思い出の一番として上げている)など終盤になって好調になり8勝7敗と勝ち越した。新入幕の期待もあったが翌場所は東十両3枚目に据え置かれ、5勝10敗と負け越し入幕の夢は叶わなかった。それ以降も、幕下に陥落することもあったが十両上位で活躍していた。しかし1999年9月を最後に十両から陥落。一時は幕下の中位まで番付を落としたが、西幕下6枚目まで番付を戻した。しかし、その後は番付が下降する一方で、2001年11月場所には三段目まで陥落した。同場所は勝ち越し翌1月場所と3月場所には幕下に復帰したが負け越し、5月場所には再び三段目に陥落。7番相撲で勝ち越しを掛けたが負け越し、その相撲を最後に現役を引退した。

引退後に元女子プロレスラー神谷美織(Cooga)と結婚し、神田で飲食店『食酔Ya-はやと』を経営している。そこは弟弟子にあたる横綱白鵬の個人ファンクラブ『白鵬倶楽部』の事務局も兼ねており、白鵬本人も頻繁に来店している。

2010年9月18日をもって『食酔Ya-はやと』神田の店舗は一旦閉店となる。

エピソード[編集]

  • 好物はUCC缶コーヒーで、それを知ったやくみつるが漫画のネタにした。現役晩年は、健康のために当時同じくUCCから発売されていた「すらっと茶」を愛飲していた。
  • 四股名は故郷由来の薩摩隼人からではなく、字は異なるが本人が尊敬している北勝鬨の本名である久我 準人(くが はやと)の準人から由来している。
  • 同じ中種子町出身の元大関若嶋津六夫同様、館内の出身地の読み上げでは鹿児島県種子島出身となっていた。これは隣接する南種子町出身である宮城野部屋の弟弟子の光法賢一も同じであった。
  • 初土俵から連続出場を続けていたが2001年7月場所中日の4番相撲を休場し途絶えてしまった。これは、宮城野部屋の宿舎から愛知県体育館に向かう途中の道路が渋滞していたため、取り組みに間に合わず休場となってしまった。なお、この日の相撲解説が師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)であったが、「朝までは元気そうだったのに」と若勇闘の休場に驚きを隠せなかった。
  • 弟も宮城野部屋所属の力士で、本名の「稲子」の四股名を名乗っていた。序二段まで番付を上げたものの持病の喘息のため2年ほどで引退したが、後にアマチュア相撲に転向している。

改名歴[編集]

  • 稲子 幸治(いなご こうじ)1986年3月場所-1986年7月場所
  • 若隼人 幸治(わかはやと-)1986年9月場所-2000年5月場所
  • 若勇闘 幸治(わかはやと-)2000年7月場所-2001年9月場所
  • 若隼人 幸治(わかはやと-)2001年11月場所-2002年5月場所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]