若狭屋老舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若狭屋老舗(わかさやしにせ)は、北海道寿都郡寿都町のお菓子メーカーである。現在、寿都町内に一店舗のみ。北海道土産として有名なわかさいもの元祖を名乗っており、わかさ屋いもと名付けたものを売っている。

歴史[編集]

1909年(明治42年)に初代若狭屋の若狭源七が開業。「やきいも」という名で今のわかさ屋いもにあたるお菓子を売り出した。昭和の初期に「わかさいも」と改名したのち、わかさいも本舗の販売している「わかさいも」と区別するため、「わかさ屋いも」と改名し、現在に至っている。北海道内には類似商品を作っているメーカーが複数ある。

製品[編集]

  • わかさ屋いも
    • 見た目、味ともわかさいもとほぼ共通している。いもを名乗りながら、使わないというのも同じ。
  • いもの天
  • む寿都こ
  • 弁慶
  • あわび娘
  • その他に駄菓子を販売。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]