若栗駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若栗駅
Chitetsu.wakaguri.jpg
若栗駅
わかぐり
Wakaguri
T32 舌山 (0.7km)
(1.1km) 栃屋 T34
所在地 富山県黒部市若栗1860
駅番号 T33
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 本線
キロ程 41.7km(電鉄富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗降人員
-統計年度-
65人/日
-2017年-
開業年月日 1922年(大正11年)11月5日
テンプレートを表示
若栗駅の位置(富山県内)
若栗駅

若栗駅(わかぐりえき)は、富山県黒部市若栗にある富山地方鉄道本線である。駅番号はT33

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地上駅無人駅である。 かつての貨物側線が残存している。

利用状況[編集]

「黒部市統計書」によると、2017年度の一日平均乗降人員は65人であった。なお、2003~2017年度の乗降人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗降人員
2003年 75
2004年 75
2005年 76
2006年 77
2007年 64
2008年 64
2009年 63
2010年 63
2011年 65
2012年 66
2013年 67
2014年 63
2015年 67
2016年 63
2017年 65

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)11月5日 - 黒部鉄道の駅として開業。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 富山県内の全鉄道会社が富山電気鉄道を中心とする富山地方鉄道(地鉄)に統合され、同社の黒部線となる。
  • 1943年(昭和18年)11月11日 - 旧黒部鉄道の路線は600Vから1500Vへの昇圧とプラットホーム改修等の工事が完了し、電鉄富山駅からの直通運転が開始された[1]

隣の駅[編集]

富山地方鉄道
本線
快速急行(上りのみ)・急行・普通
舌山駅 (T32) - 若栗駅 (T33) - 栃屋駅 (T34)

脚注[編集]

  1. ^ 黒部市歴史民俗資料館 第5回特別展 黒部の鉄道史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]