若栗神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若栗神社
所在地 愛知県一宮市島村南裏山75
位置 北緯35度20分42.56秒
東経136度48分52.12秒
主祭神 天押帯日子命 応神天皇
社格 式内社・旧県社
創建 不明
テンプレートを表示

若栗神社(わぐりじんじゃ)は、愛知県一宮市にある神社である。旧社格は県社。正式な名称は「若栗神社八幡宮」である。これは、かつて八幡宮を名乗っていたためである。しかし、若栗神社の名で呼ばれることが多い。

式内社尾張国葉栗郡「若栗神社」である。

概況[編集]

  • 創建時期は白鳳年間、この地域の有力者である葉栗臣人麿が、先祖(天押帯日子命)を祀るために創建したと伝えられる。
  • 天文年間に仏像(八幡神)が合祀され、1605年慶長10年)領主の兼松正吉(尾張藩徳川義直家臣)が八幡宮を正式に合祀、八幡宮に改称する。
  • 1869年(明治2年)、元の若栗神社に改称し、郷社になるが、1880年(明治13年)に若栗神社八幡宮に改称している。
  • 1935年(昭和10年)、県社になる。

祭神[編集]

孝昭天皇の皇子。孝昭天皇はこの地に滞在したさい、この地の有力者である興津余会公の娘を妃としたという。そのとき生まれたのが天押帯日子という。

交通機関[編集]