若林健史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わかばやし けんじ
若林 健史
生誕日本の旗 日本東京都[1]
出身校日本大学松戸歯学部
職業歯科医師日本歯周病学会認定歯周病専門医アンチエイジング歯科学会認定医
活動期間1982年 - 歯科医師
活動拠点恵比寿 (渋谷区):若林歯科医院
南青山 (港区):オーラルケアクリニック青山
公式サイト若林歯科医院

若林 健史(わかばやし けんじ)は、歯科医師歯学博士日本歯周病学会認定の歯周病専門医であり指導医でもある。東京都渋谷区恵比寿南にある若林歯科医院院長日本歯周病学会理事

ペリオドンタルシンドローム日本臨床歯周病学会を通し発起人として提唱した[2]

略歴[編集]

歯周病に対する治療を行っており、日本顎咬合学会[3]、日本アンチエイジング歯科学会[4]目白歯周病学研究会[5]モリタ[6]ジーシー[7]などの団体にて講演・セミナーを行っている。

歯周病専門医若林歯科医院[編集]

1989年に東京都渋谷区恵比寿西にて若林歯科医院を開業、2014年に同恵比寿南に移転した。2009年5月14日には日本歯周病学会研修施設として登録(施設No.85)[8]、2010年には日本臨床歯周病学会研修施設として登録されており、同院のセミナールームにて歯科医師や歯科衛生士[9]向けのセミナーが開催される事がある。

CM出演[編集]

著作[編集]

  • 若林健史 著「接着・合着の実際 ビスタイトレジンセメント」、中尾勝彦飯島国好 編 『実力アップ 接着・合着』医歯薬出版〈隔月刊「補綴臨床」別冊〉、1995年8月。 NCID BN15739594 
  • 若林健史 著「2 フォローアップシステムの実際 私のフォローアップシステム」、中尾勝彦、北川原健 編 『口腔ケアのためのフォローアップシステム』医歯薬出版〈隔月刊「補綴臨床」別冊〉、1996年7月。 NCID BN15739233 
  • 若林健史 他 著、中尾, 勝彦、安田, 登高島, 昭博 編 『Skill-up of Dental Practice 1 歯をまもる』医歯薬出版、2002年4月25日。ISBN 978-4-263-40811-7NCID BA57164056 
  • 若林, 健史、有田, 博一佐瀬, 聡良 他 編 『見てわかる! 実践歯周治療』医歯薬出版〈月刊「デンタルハイジーン」別冊〉、2006年5月25日。 NCID BA77220127 
  • 若林健史、飯野文彦 『患者さんのための歯周病治療 歯周病を理解するために』口腔保健協会、2007年6月20日。ISBN 9784896052329NCID BA8316320X 
  • 飯野文彦、若林健史 編 『歯科医院のホスピタリティ チーム医療のススメ』口腔保健協会、2010年6月21日。ISBN 9784896052657NCID BB0278651X 
  • 百瀬, 保、若林, 健史、中舘, 憲治 他 編 『補綴・歯周・審美のためのMTMの活かし方』ヒョーロン・パブリッシャーズ日本歯科評論増刊号〉、2012年10月23日。 NCID BB10691598 
  • 小森朋栄塩浦有紀児玉加代子山口幸子吉田エミ 『歯科衛生士のためのインスツルメンテーション 解剖学的ポイントと臨床ケースからわかる納得のテクニック』協力 若林健史 他、ヒョーロン・パブリッシャーズ、2014年2月4日。 NCID BB14577878 
  • 若林健史 著「第6章 その歯は抜くべきか? コラムトピックス 歯周治療~抜歯の基準 抜歯基準について私はこう考える(1)」、野口俊英林潤一郎 編 『慢性疾患としての歯周病へのアプローチ 患者さんの生涯にわたるQOLに貢献するために』医歯薬出版、2014年2月20日。ISBN 978-4-263-44411-5NCID BB151314771 
  • 総監修:若林健史・監修:小方頼昌 著、鎌田征之、 稲垣伸彦 編 『聞くに聞けない歯周病治療100:「聞かぬは一生の恥」とならないための全100項目を解説!』デンタルダイヤモンド社、2018年3月1日。ISBN 978-4885103988 

所属団体[編集]

学職
先代
松下至宏
第25回
2007年
名古屋国際会議場
日本臨床歯周病学会年次大会 大会長
第26回
2008年
市川文化会館
次代
鎮守信弘
第27回
2009年
アクロス福岡

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 若林歯科医院 > インタビュー”. 渋谷区ドクターズ. アートブルー. 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ ペリオドンタルシンドローム発起人若林健史 (2017年7月). “wellnessONE歯周病専門医若林健史 (html)”. 2017年8月18日閲覧。
  3. ^ ニュースレター71 (PDF)”. 日本顎咬合学会. 2015年3月15日閲覧。
  4. ^ 認定研修会 (PDF)”. 日本アンチエイジング歯科学会. 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ 目白歯周病学研究会 臨床家のための実践ペリオセミナー”. マイクロテック. 2015年3月15日閲覧。
  6. ^ 失敗しないフラップオペ. 歯周外科入門コース”. モリタ. 2015年3月15日閲覧。
  7. ^ デンティスト・スケーリングルートプレーニングセミナー”. ジーシー. 2015年3月15日閲覧。
  8. ^ 研修施設一覧”. 日本歯周病学会. 2015年3月15日閲覧。
  9. ^ 第1回究極のDHセミナー「歯周治療における診査・検査/全身疾患を把握する」”. 医歯薬出版. 2015年3月15日閲覧。
  10. ^ a b c d コンプライアンスと患者満足度の高いオフィスマネジメント:そのノウハウ”. クインテッセンス出版. 2015年3月14日閲覧。
  11. ^ a b 東京の認定医・歯周病専門医・指導医一覧”. 日本歯周病学会. 2015年3月14日閲覧。
  12. ^ 理事委員一覧”. 日本臨床歯周病学会. 2015年3月14日閲覧。
  13. ^ 第26回 日本臨床歯周病学会年次大会開催される”. 歯科界ニュース. 医歯薬出版 (2008年6月23日). 2015年3月14日閲覧。
  14. ^ インプラント指導医名簿”. 日本臨床歯周病学会. 2015年3月15日閲覧。
  15. ^ 都道府県別認定医リスト(50音順) 東京都”. 日本臨床歯周病学会. 2015年3月15日閲覧。
  16. ^ 若林歯科医院”. 渋谷区歯科医師会. 2015年3月14日閲覧。
  17. ^ 認定医検索”. 日本アンチエイジング歯科学会. 2015年3月14日閲覧。
  18. ^ メディカルアロマコーディネーター認定登録者”. 日本アンチエイジング歯科学会. 2015年3月15日閲覧。
  19. ^ 総会/認証式開催報告”. 国際歯科学士会日本部会. 2015年3月15日閲覧。
  20. ^ 目白歯周病学研究会”. 目白歯周病学研究会. 2015年3月15日閲覧。
  21. ^ 執行部および委員会役員 平成25年6月~”. 日本大学松戸歯学部同窓会. 2015年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]