若政所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若政所(わかまんどころ、? - 慶長6年8月20日[1]1601年9月16日))は、安土桃山時代の女性。父は池田恒興。兄弟に池田輝政など。

実名は不明。別名、若御前。法名は致祥院殿栄岳利盛[2]。官位は正二位だったとする記録がある[3]

概要[編集]

一般的に若政所とは、父が摂政関白職かつ自身も同様の公卿正室に使用される称号である[4]

ここでは、豊臣秀次の正室であった池田恒興の娘[5]について記す[6]

生涯[編集]

本能寺の変の後、父・池田恒興羽柴秀吉に対し次男の池田輝政を秀吉の養子にし、娘(若政所)を三好信吉(のちの豊臣秀次)に嫁がせることを約束した[7][8]

若政所が秀次に嫁いだとき、御輿副を池田家臣の香西又市[9]が務めたという[10][11]。秀次との間に子供は確認されていない。

文禄2年(1593年)12月16日に、秀吉から秀次、秀次の母・日秀尼と若政所に高麗の鱈が送られている[12][13]

文禄3年(1594年)、秀次の娘である八百姫(豊臣秀頼の許嫁だったとされる)の平癒祈祷のため、書状を送ったりしている様子がみられる[14]

没年の表記はないものの八百姫の命日を7月13日とする史料があり[2]、秀次の切腹事件以前に死亡したのではないかと推測されている[15]

若政所も秀次事件以前に死亡したとする史料もあるが[16]、助命され実家に返されたとする史料[17]の成立が早いため信憑性が高いものと思われる。

慶長6年(1601年)8月20日に亡くなった[1][18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『池田氏家譜集成』九巻所収『池田家年譜』. https://clioimg.hi.u-tokyo.ac.jp/viewer/view/idata/850/8500/02/1210/0640?m=all&s=0619&n=20. 
  2. ^ a b 『東西歴覧記』. 
  3. ^ 京都妙心寺塔頭の盛岳院の過去帳による。
  4. ^ 『九条家歴世記録』において関白・九条幸家の次男九条道房の正室・廉貞院に対し若政所という呼称が使用されている。
  5. ^ 系図纂要』では次女とする。
  6. ^ 菊亭晴季の娘の一の台が正室で、若政所を側室ないし死去していたとすることがあるが、少なくとも若政所(北政所に比べて若い政所という字義と思われる)という呼称をされていることから、若政所が正室であることは間違いないと思われる。
  7. ^ 『池田軍記』. http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/cont/01/G0000002kyoudo/000/024/000024117.pdf. 
  8. ^ 谷口克広著『織田信長家臣人名辞典』で、池田恒興の娘婿とされる織田信房が本能寺の変の前年に"恒興の次女"と結婚したとする記述がある。もしその恒興の次女が若政所なら、秀次とは再婚ということになる。
  9. ^ 香西氏の庶流の出身。『香西史』の香西家系図の香西縫殿助が『吉備群書集成』によると又市の兄にあたるため、両者の記述が合っているならば香西元定の大甥にあたる。
  10. ^ 『吉備群書集成. 第六輯』. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1913034/41. 
  11. ^ 香西又市は御輿副を務めたことで天正11年(1583年)7月26日に加増されているので、秀次と若政所の結婚はそれ以前ということになる。
  12. ^ 『史籍集覧. 25』収録『駒井日記』. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920418/264. 
  13. ^ 秀次の母と共に秀吉の贈答する対象として選ばれており、このことからも正室であることが分かる。
  14. ^ 兼見卿記. 
  15. ^ 黒川道祐、上村觀光編 (1910). 『黒川道祐近畿游覧誌稿』. 淳風房. p. 98. 
  16. ^ 『古老物語聞書』. http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/mmhp/kyodo/waso/0002015394/pageframe.htm. 
  17. ^ 太田牛一. 大かうさまくんきのうち. 
  18. ^ 『池田家年譜』では若政所を指して"秀次公簾中"としているが、寛永18年に池田光政池田光仲が江戸幕府に提出するために作成した『池田家系図』では単に"秀次室"としている。