若宮谷ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若宮谷ダム
左岸所在地 徳島県三好市西祖谷山村一宇
位置
河川 吉野川水系明谷川
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 32.2 m
堤頂長 93.0 m
堤体積 23千
流域面積 211.2 km²
湛水面積 1 ha
総貯水容量 94,000 m³
有効貯水容量 58,000 m³
事業主体 四国電力
電気事業者 四国電力
施工業者 大成建設
着手年/竣工年 1933年/1935年
テンプレートを表示

若宮谷ダム(わかみやだにダム)は、徳島県三好市西祖谷山村一宇、吉野川水系若宮谷川に建設されたダム。高さ32.2メートル重力式コンクリートダムで、四国電力のダムである。

概要[編集]

四国電力の一宇水力発電所のダムで、徳島県三好市西祖谷山村一宇の祖谷川の支流である若宮谷川に位置する。1933年昭和8年)に着工し、1935年(昭和10年)より運営が開始される。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 若宮谷ダム”. ダム便覧. 2019年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]