若宮清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若宮 清(わかみや きよし、1946年[1]6月25日 - )は、日本のジャーナリスト

兵庫県淡路島洲本市生まれ。東京都港区東麻布在住[2]。ワカミヤアンドアソシエーツ(コンサルタント会社)代表[3]、元早稲田大学社会システム工学研究所客員研究員[4]、太平洋経済研究所東京所長、アジア太平洋研究会会員、ビーイング・レコード顧問、フィリピン共和国観光省顧問[5]、黒岩地域福祉研究所顧問、医療法人徳洲会東京本部顧問[6]

経歴[編集]

人物[編集]

1980年に『月刊プレイボーイ』の取材でフィリピン追放中のベニグノ・アキノ(当時はハーバード大学で国際問題の研究員をしていた)にインタビューし、その純粋さにほれ込む。1983年にアキノがフィリピン帰国を企てた際に経由地の台北で合流。帰国前夜、その身に危険が及ぶ可能性があるため帰国をやめるよう説得するがアキノの意志は変わらず、共に航空機に搭乗。8月21日マニラ空港でアキノの暗殺現場に居合わせることとなった[8][9]。若宮は連行していた兵士がアキノを撃つのを目撃したと会見で話し[10]、マスコミから一躍注目を浴びる。当時の若宮の外見は特徴的なヒゲとパーマ頭で、この件をきっかけに多くのテレビ番組に出演した。その後フェルディナンド・マルコス政権下のフィリピンへ強硬的に入国を試みるも、空港で入国拒否にあい日本へ強制送還された[11]。同年9月29日には、ジャーナリスト竹村健一主宰の勉強会に講師として招かれている[12]。また、暗殺事件の再審公判では、事件について執筆した若宮の著書が証拠として採用された[9]

事件後は『週刊サンケイ』で反マルコス政権寄りの記事を連載していた。同時にその頃、国際浪人塾を主宰[13]1986年にフィリピンで起きたエドゥサ革命後、若宮は徳洲会設立者の徳田虎雄と知り合う[14]

1986年の第14回参議院議員通常選挙ではサラリーマン新党の公認候補となったものの取り消された。1993年第40回衆議院議員総選挙兵庫4区から日本新党で出馬するも落選[15]1996年7月に日本新党兵庫県第四総支部長、日本新党兵庫連副会長になるが離党し、同年10月に民主党兵庫県連副代表となる。同年の第41回衆議院議員総選挙では旧民主党公認で兵庫9区から出馬し、ふたたび落選した[16]。のち民主党を離党。

1999年に台湾で発生した921大地震の際には、徳洲会顧問という繋がりから徳洲会グループによる災害医療援助に協力し、TDMAT(徳洲会災害医療協力隊)先遣隊のコーディネーターとして翌々日に現地入りした[17]。 また、2004年インドネシアスマトラ島沖地震においても、モルディブ先遣隊事務として現地入りした[18][19]

2003年北朝鮮による拉致被害者の家族の帰国問題において、北朝鮮とのパイプがあった若宮が話を持ちかけたことから、12月に平沢勝栄議員らと北朝鮮大使との北京における非公式会談が実現した[20]。その後2004年4月の山崎拓による大連での北朝鮮側との非公式会談にも関与。

中国、台湾、フィリピン、韓国などアジア諸国に太い人脈を持ち、著作もアジア関連が多い。韓国の金泳三元大統領とも交流がある。

2004年9月には当時のハンナラ党(現セヌリ党)の朴槿恵代表と安倍晋三自民党幹事長が初めて顔を合わせたソウルでの朝食会を、両者と旧知の間柄だという若宮がセッティングした[21]。2006年5月に朴代表が遊説中に男から切り付けられる事件が起こったが、このとき若宮は安倍内閣官房長官に見舞いの手紙を託され、20万円相当の冷凍神戸牛とともに、朴代表が入院していた病院へ届けたという[21][22][23]

他にも元政治家の黒岩宇洋氏とも交流がある[24]。また、若宮の知人に「すしざんまい」をチェーン展開する株式会社喜代村木村清社長がおり[25]アパホテル元谷芙美子社長は社会人学生時代の同級生にあたる[26]

2007年9月25日、若宮は住居侵入の疑いで警視庁世田谷署に逮捕された[9][27]。かつて付き合っていた女性宅の郵便受けに汚物を入れたポリ袋を放置するなど、ストーカー行為を行っていたとされた[28]。のち示談が成立して被害者が刑事告訴を取り下げたため、ストーカー規制法違反ではなく住居侵入罪のみでの起訴となった[29]。同年12月7日東京地裁により、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡された[30][31]。なお、若宮は既婚者(妻は比政界人と親戚関係にあるフィリピン人[25])であるため、女性と付き合っていた当時は不倫関係であった[29]

2012年2月25日、フィリピンで開催されたエドゥサ革命26周年集会に日本から日本共産党緒方靖夫副委員長と共に参加している[32]

著作[編集]

著書[編集]

  • 『国際浪人プッタギナモー』(潮出版社、1982年)
    • 『国際浪人プッタギナモー』(潮出版社、潮文庫、1985年)
  • 『国際浪人 面白さがし旅』(グラフ社、1983年)
  • 『私は世界を漫遊する好奇心 国際浪人』(サンケイ出版、1984年)
  • 『アコナ 人を殺すな』(情報センター出版局、1984年) - アキノ暗殺事件についての著書。
  • 『コラソン・アキノ 闘い(ラバン)から愛(ラブ)へ』(立風書房、1986年)
  • 『実戦コネ学入門 人生の舞台を広げる』(PHP研究所、1993年)
  • 『真相 北朝鮮拉致被害者の子供たちはいかにして日本に帰還したか』(飛鳥新社、2004年)
  • 『中国人の99.99%は日本が嫌い』(ブックマン社、2006年)
    • 『新装版 中国人の99.99%は日本が嫌い』(ブックマン社、2010年)
  • 『中国人の面の皮 彼らに脈々と流れる「厚黒」の思想』(祥伝社、2006年)

記事[編集]

  • 「アキノ決死行」『文藝春秋
  • 「アキノ暗殺を見た」『文藝春秋』1983年10月号, pp.120-131
  • 「日本の奇人・変人こそ,世界の常識人だ」『big A(ビッグ・エー)』1984年9月号, pp.26-31, ビッグ・エー - 小室直樹との対談記事。
  • 「フィリピン援助への疑惑」朝日新聞
  • 「朴槿恵、金泳三を連続直撃!「金大中大統領の次」は誰だ」『SAPIO』2002年2月13日号, 小学館

脚注[編集]

  1. ^ 1949年生まれとされることが多いが、1996年総選挙立候補の際に公表された年齢が50歳とあり、また逮捕時の報道でも2007年時点で61歳とあるため、生年は1946年。
  2. ^ asahi.com:女性宅に侵入の疑い ジャーナリスト若宮清容疑者逮捕 - 社会(Web魚拓)2013年9月15日閲覧
  3. ^ 真相 北朝鮮拉致被害者の子供たちはいかにして日本に帰還したか - オンライン書店e-hon2013年9月15日閲覧
  4. ^ 早稲田大学総合研究機構 プロジェクト研究所2013年9月15日閲覧
  5. ^ 講演依頼.com 若宮 清プロフィールInternet Archive)2013年9月15日閲覧
  6. ^ アキノ大統領の就任式に徳洲会から8人が参加 | 徳洲会グループ - 徳洲新聞ニュースダイジェスト 徳洲新聞2010年7月19日付 2013年9月15日閲覧
  7. ^ 「金門島」政府の顧問に就任した「若宮清」の役割, 『週刊新潮』2007年4月26日号
  8. ^ 英雄は死によって甦る - 杜父魚文庫 2013年9月15日閲覧
  9. ^ a b c “若宮清容疑者を逮捕 住居侵入の疑いで警視庁”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年10月1日). http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007100101000375.html 2012年12月6日閲覧。 
  10. ^ 「NHK特集 緊急報告 アキノ氏暗殺」NHK, 1983年8月26日放送
  11. ^ 北朝鮮の核弾頭の照準は日本に合わせていない: オフイス・マツナガのブログ!2007年10月03日付 2013年9月15日閲覧
  12. ^ 竹村健一主宰「勉強会」バックナンバー1980年代 - 竹村健一資料館2013年9月15日閲覧
  13. ^ あきあきのブログ : 国際浪人塾 事務所開始2013年9月15日閲覧
  14. ^ あきあきのブログ : 忘れえぬ人たち 徳田虎雄氏2013年9月15日閲覧
  15. ^ 2008/09/05(金) 『小池百合子』が松葉杖で姫路に来た。 - じろりんにっき2013年9月15日閲覧
  16. ^ 第41回衆議院議員選挙(1996/10/20投票) 兵庫9区選挙区 立候補者一覧 | ザ選挙2013年9月15日閲覧
  17. ^ 徳洲会災害医療協力隊(TDMAT)活動報告 台湾におけるTDMAT 第一報 99/09/23 17:002013年9月15日閲覧
  18. ^ 災害医療活動:インドネシア・スマトラ沖地震『TDMAT活動報告20050109(1)』2013年9月15日閲覧
  19. ^ 災害医療活動:インドネシア・スマトラ沖地震『TDMAT活動報告20050110(1)』2013年9月15日閲覧
  20. ^ asahi.com : ニュース特集 【北朝鮮拉致事件】「平壌まで家族を迎えに来て」 北朝鮮側、平沢議員らに 2004年1月11日付 2013年9月15日閲覧
  21. ^ a b Listening:<特集ワイド>「反日」じゃない?もうひとりの「朴槿恵」 - 毎日新聞 2014年04月14日付 2014年05月12日閲覧
  22. ^ 安倍首相、朴次期大統領との「特別な関係」強調 - Chosun Online | 朝鮮日報 2013年1月24日付 2014年05月12日閲覧
  23. ^ 安倍首相、朴次期大統領との「特別な関係」強調(朝鮮日報) - 海外 - livedoor ニュース(Internet Archive) 2013年1月24日付 2014年05月12日閲覧
  24. ^ 2003年4月中旬の活動報告 - 越後の暴れん坊 黒岩たかひろ 参議院議員4月16日の記述(Internet Archive)2013年9月15日閲覧
  25. ^ a b [주간조선 박 당선인에게 쇠고기 전달 와카미야 기요시는 누구 - 1등 인터넷뉴스 조선닷컴] 2013年2月10日付 2014年6月24日閲覧
  26. ^ アパも同級生:当って砕けろ あおき公 2013年9月15日閲覧
  27. ^ 女性宅に汚物まき…ジャーナリスト「若宮清」容疑者を逮捕 - MSN産経ニュース(Internet Archive) 2007年10月1日付 2014年05月12日閲覧
  28. ^ 【法廷から】法廷で饒舌に語るジャーナリスト - MSN産経ニュース(Internet Archive) 2007年12月2日付 2014年05月12日閲覧
  29. ^ a b 阿曽山大噴火コラム「裁判Showに行こう」【第117回】有名ジャーナリストがウ○コをポストに投げ入れた理由 : nikkansports.com(Internet Archive) 2007年12月3日付 2014年05月12日閲覧
  30. ^ “若宮清被告に有罪判決 女性のマンション侵入”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年12月7日). http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007120701000236.html 2012年12月6日閲覧。 
  31. ^ 「陰湿、卑劣な犯行」 フリージャーナリストに懲役1年求刑 - MSN産経ニュース(Internet Archive) 2007年12月2日付 2014年05月12日閲覧
  32. ^ 緒方靖夫「18年ぶりのフィリピン 1」『しんぶん赤旗』2012年3月19日付

外部リンク[編集]