若城希伊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若城 希伊子(わかしろ きいこ、1927年4月4日 - 1998年12月22日)は、日本の作家評論家脚本家翻訳家

東京都渋谷区生まれ。日本女子大学卒、慶應義塾大学文学部国文科卒、折口信夫に学んだ。脚本家として活動するほか、映画ノベライズを翻訳。1971年ラジオドラマ「青磁の色は空の色」で芸術祭優秀賞受賞。以後小説ノンフィクション評論などを刊行、最初の単行本『十五歳の絶唱』はロングセラーとなった。1978年『ガラシャにつづく人々』で第79回直木賞候補、1983年『小さな島の明治維新』で第2回新田次郎文学賞受賞。

著書[編集]

  • 十五歳の絶唱 骨肉腫で亡くなった川畑朋子さんの記録 秋元文庫 1975
    (秋元ジュニア文庫 1982, 十五歳の絶唱: 骨肉腫で逝った川畑朋子さんの感動の記録 秋元新書 1983)
  • 小説 オードリー・ヘプバーン 秋元文庫 1977
  • ガラシャにつづく人々 女子パウロ会 1978
  • ともに生きる 福祉のこころを求めて 日本基督教団出版局 1978
  • 源氏物語の女 日本放送出版協会 1979
  • 十五歳の絶唱ノート 秋元文庫 1980
  • 近代を彩った女たち ティビーエス・ブリタニカ 1981
  • 小さな島の明治維新 ドミンゴ松次郎の旅 新潮社 1982
  • 十五歳のきらめきの中で 恵美子絶唱 秋元新書 1983
    (十五歳のきらめきの中で 秋元文庫 1985)
  • 日本人の福祉 “やわらかい心"を求めて 日本放送出版協会 1984(NHKブックス)
  • 愛・十五歳の絶唱 秋元文庫 1986
  • 政宗の娘 新潮社 1987
  • 空よりの声 私の川口松太郎 文藝春秋 1988
  • 光源氏の世界 朝日文庫 1990
  • 光源氏の舞台 若城誠一写真 朝日新聞社 1992
  • 源氏物語との対話 やはらかなるなむよき 東京書籍・選書 1992

翻訳[編集]

  • 芽ばえ ズルリーニ 秋元書房 1958 (秋元文庫 1973)
  • 朝な夕なに フルダレック 秋元書房 1958 (秋元文庫 1973)
  • オーケストラの少女 クラーリイ 秋元書房 1958
  • 三月生れ ピエトランジェリ 秋元書房 1959 (秋元文庫 1973)
  • めざめ ペータースゾン 秋元書房 1959
  • みんなが恋してる カンパニーレ、フランチオサ 秋元書房 1959