若い川の流れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

若い川の流れ』(わかいかわのながれ)は、石坂洋次郎の小説である。『週刊明星』で連載されていた。1959年に映画化、1962年1968年にはテレビドラマ化された。

内容[編集]

同期入社の曽根健助、北岡みさ子ら若い社会人5人を中心に、仕事、恋愛、友情など様々な出来事が付きまとうその姿を通して、その愛と結婚の倫理と彼らの成長していく姿を描く。

作品の舞台となる会社は、映画版が「K金属会社」であったのに対し、テレビドラマ版(1968年)は「日東リース」となっている、また、曽根健助の場合は映画版ではお見合い結婚を主張しているのに対し、テレビドラマ版ではどちらかと言えば否定的な立場のキャラクターとなっている。

映画[編集]

若い川の流れ
監督 田坂具隆
脚本 田坂具隆
池田一朗
出演者 石原裕次郎
北原三枝
芦川いづみ
音楽 佐藤勝
撮影 伊佐山三郎
編集 辻井正則
配給 日活
公開 日本の旗 1959年1月15日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1959年1月15日公開。モノクロ作品。石坂作品としては、前年・1958年の『陽のあたる坂道』に次ぐ映画化となった。主演はその『陽のあたる坂道』と同じく、石原裕次郎が務めた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1962年版[編集]

フジテレビの火曜21:15 - 21:45の時間帯の『ソフラン座』の枠で、1962年2月6日から同年2月27日まで放送された。全4回。モノクロ。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

フジテレビ系列 火曜21:15 - 21:45枠
前番組 番組名 次番組

(1961.12.5 - 1962.1.30)
若い川の流れ
(1962.2.6 - 2.27)
蒼い描点
(1962.3.6 - 4.17)

1968年版[編集]

若い川の流れ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜20:00 - 20:55(55分)
放送期間 1968年10月14日 - 1969年2月3日(17回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日活日本テレビ
監督 鍛冶昇手銭弘喜馬越安彦
脚本 窪田篤人 ほか
出演者 松原智恵子
浜田光夫
オープニング パープルシャドウズ『若い川の流れ』
テンプレートを表示

日本テレビ月曜20時枠の時間帯で、1968年10月14日から1969年2月3日まで放送された。全17回。カラー。

石坂洋次郎原作のシリーズの第10弾として放送。なお一連の石坂作品シリーズは、日本テレビ月曜20時枠の時間帯においては本作が最後となった。提供は明治乳業ライオン歯磨、ライオン油脂。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

回数 放送日 サブタイトル 監督
1 1968年10月14日 青空の中の娘 鍛冶昇
2 10月21日 デートの季節
3 10月28日 娘ごころは…
4 11月4日 魅力的な彼ら 手銭弘喜
5 11月11日 愛すべきライバルたち
6 11月18日 娘たちと友情と
7 11月25日 別れたくない夜
8 12月2日 青春のパンチ
9 12月9日 あたたかい部屋 馬越安彦
10 12月16日 夜明けの風
11 12月23日 メリー・クリスマス
12 12月30日 汐風の中のふたり 手銭弘喜
13 1969年1月6日 恋人のいる街
14 1月13日 ラブ・らぶ・ラブ
15 1月20日 春遠からじ
16 1月27日 恋と友情と…。
17 2月3日 青春の海へ
日本テレビ 月曜20時枠
前番組 番組名 次番組
若い川の流れ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]