芸道論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芸道論(げいどうろん)とは、平安時代から江戸時代あたりまでの和歌猿楽生け花茶の湯武術などの道を究めるために、その道の達人が後継者や師弟、門人の修行のよすがとして書き残したもの。 芸道教育といった言い方をする場合もある。

代表的な芸道論には次のようなものがある。

ただし芸道論とは本来、芸道全般について意見やことわりを述べたものであり、芸道のある一分野についての書を芸道論と呼ぶ用法は誤りか少なくとも規範的ではないとの指摘がある[要出典]。 (風姿花伝は能楽論であり茶の本は茶道論であるが、共に芸道論ではない。仮に風姿花伝を外国語訳で紹介することを考えた場合、題名を能楽論とすることは不自然ではないが芸道論とするのは適切ではない)

関連項目[編集]