芸術テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芸術テロ(げいじゅつテロ)とは社会一般的に受け入れられない方法で、芸術家が自らの作品を発表すること。時に非合法手段を使用することもある。

特徴[編集]

最も一般的な芸術テロは、壁などへの落書きである。街中を歩いているときにふと見かけることも少なくない。だが、これらの大半は意味のない文字の羅列か、罵倒語などで、モチーフがあるものは少ない。

人目につきやすい所に設置する場合が殆どで、作業は人目をはばかるため夜間や人の少ない時間帯に行われる。

芸術テロリスト[編集]

「芸術テロリスト」のあだ名を持つ英国の芸術家バンクシーは、メトロポリタン美術館大英博物館などの館内に、自らの作品を無許可で展示した。当然、他の展示物とは全く趣旨の異なる物だったが、作品は場に溶け込み、発見されるまでに数日かかったといわれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]