芳賀秀次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芳賀 秀次郎(はが ひでじろう、1915年(大正4年)1月1日 - 1993年(平成5年)5月9日)は、日本教育者詩人歌人

人物・来歴[編集]

山形県白鷹町横田尻に生まれる。

1935年(昭和10年)山形師範学校(現:山形大学地域教育文化学部)卒業後、教職に奉職。山形県立長井高等学校校長等を歴任。退職後日本大学山形高等学校に移り、再び教鞭を執った[1]児童文学作家である鈴木実は学校の文芸部で教えを受けた[2]

アララギ派の歌人として出発し、1934年(昭和9年)の情報局・朝日新聞主催の懸賞作詞「大日本の歌」で一位入賞を果たす。戦後、洋酒壽屋(現:サントリー)主催で公募された新国民歌では、応募した「われら愛す」が一位で入賞した。 それ以外にも服部公一が作曲を手掛けた女声合唱組曲「紅花抄」や、県内の50校を超える校歌、さらに山形銀行ヤマザワの歌などの作詞も手掛けた[2]

1993年(平成5年)5月9日心不全のため死去[3]。享年78。4男として山形放送アナウンス部長を歴任した道也がいる[4]

栄典[編集]

主な著書[編集]

  • 『ことばと文章 高校生新書』 三一書房 1966年。
  • 『出羽国叙情』 虹書房 1972年。
  • 『体操詩集の世界 - 村野四郎』 右文書院 1983年。

共著[編集]

  • 黎明書房編集部編『教師の作文 : 一隅を照らす人びと』黎明書房、1954年。
  • 真壁仁、佐藤総右、芳賀秀次郎『やまがた風景と抒情』東北出版企画、1976年。

脚注[編集]

  1. ^ 山形放送株式会社編 『新版 山形県大百科事典』 山形放送、1993年。
  2. ^ a b 「教えて!がったん 詩人の芳賀秀次郎さん、どんな人?」『朝日新聞』山形版 2015年12月10日
  3. ^ 日外アソシエーツ編 『現代物故者人名辞典 1991-1993』 日外アソシエーツ、 1994年。
  4. ^ “白鷹出身の詩人・芳賀秀次郎さんを顕彰 生誕100年祭、合唱や詩の朗読”. 山形新聞. (2015年11月29日). http://www.yamagata-np.jp/news/201511/29/kj_2015112900630.php 2016年6月6日閲覧。 
  5. ^ “齋藤茂吉文化賞受賞者一覧”. 山形県企画振興部県民文化課. https://www.pref.yamagata.jp/ou/kikakushinko/020073/bunkasinko/itiran.html 2013年10月25日閲覧。