芳賀啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芳賀 啓(はが ひらく、1949年4月3日 - )は、出版社主および地図研究家、エッセイスト宮城県仙台市出身。

略歴[編集]

1949年仙台市南小泉(現・若林区)生まれ。早稲田大学第一法学部中退。

元・柏書房代表取締役。現・之潮(コレジオ)代表。

日本国際地図学会評議員。淑徳大学公開講座「古地図と文学でめぐる 江戸東京崖っぷち紀行」講師。

東京の古地図や地誌の研究者として知られ、NHK美の壺』やテレビ朝日タモリ倶楽部』などテレビ番組に出演。財団法人日本地図センター発行の月刊誌『地図中心』に「江戸東京水際遡行」ほかを執筆、連載中。俳号の「澤青崖」は、「亡き父の歯刷子一つ捨てにゆき断崖の青しばらく見つむ」(寺山修司)に拠る。

主要業績[編集]

書籍[編集]

  • 『地図のテオロギア』柏書房 1999年(非売品)
  • 『短詩計畫 身體地圖』深夜叢書社 2000年
  • 『地図・場所・記憶』けやき出版 2010年
  • 『デジタル鳥瞰 江戸の崖 東京の崖』講談社 2012年

著作[編集]

  • 「江戸東京水際遡行」(『地図中心』通号412-420、422、424-430) 日本地図センター
  • 「水をあけておくこと -遺産としての日本橋・川」(『地図中心』421) 日本地図センター
  • 「明暦大火の前と後 -〈江戸初期〉の残照」(『地図中心』447) 日本地図センター
  • 「啄木の地形図風景」(『地図中心』461) 日本地図センター
  • 「『田園都市』にみる土地の記憶」(『地図中心』462) 日本地図センター