芳賀力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芳賀 力(はが つとむ、1952年12月17日[1] - )は、日本キリスト教神学者、東京神学大学教授。母(康)方の曾祖父クリスチャン政治家武市安哉(高知県出身国会議員を経た後、ピルグリム・ファーザーズの理念を掲げ、青年を引き連れて北海道に渡り、聖園農場を開拓、聖園教会を設立)のひ孫。父(眞俊)方の祖父は、明治の国文学者、東大教授、後國學院大學学長芳賀矢一(欽定教科書などを執筆、広辞苑の作成、「ゆきはこんこ、あられやこんこ」、「我は海の子、白波の」、「七里が浜の磯づたい」など小学唱歌の作詞者)の弟に当たる芳賀眞吾、陸軍参謀本部に務め、ドイツ、ロシアに駐留。父・眞俊は牧師(日本基督教団富士教会、平塚富士見町教会、豊橋東田教会)、従兄弟に独文学者・芳賀檀(まゆみ)、母方の従姉妹に栄養学者・倉田澄子がいる。

神奈川県生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒。1977年東京神学大学卒、1979年同大学院修士課程修了。1983年西ドイツハイデルベルク大学神学部留学。1987年神学博士。1988年東京神学大学講師、1991年助教授、1996年教授(組織神学)。日本基督教団東村山教会牧師、季刊『教会』(QK)編集主幹を務めた。2013年4月から東村山教会を辞任し、東京神学大学学長。

聖餐論争において受洗者のみ聖餐に加われると主張した。

著書[編集]

  • 自然、歴史そして神義論 カール・バルトを巡って (日本基督教団出版局 1991年2月)
  • 救済の物語 (日本基督教団出版局 1997年4月)
  • 物語る教会の神学 (教文館 1997年5月)
  • 大いなる物語の始まり (教文館 2001年5月)
  • 使徒的共同体 美徳なき時代に (教文館 2004年2月)
  • 思索への小さな旅 (キリスト新聞社 2004年12月)
  • 洗礼から聖餐へ キリストの命の中へ (キリスト新聞社 2006年10月)
  • 歴史と伝承 続・物語る教会の神学 (教文館 2008年7月)
  • まことの聖餐を求めて(編、教文館 2008年9月)
  • 神学の小径I 啓示への問い(キリスト新聞社 2008年12月)
  • 神学の小径II 神への問い(キリスト新聞社 2012年5月)
  • 落ち穂ひろいの旅支度(キリスト新聞社 2014年5月)
  • 神学の小径III 創造への問い(キリスト新聞社 2015年12月)

翻訳[編集]

  • 組織神学の根本問題 (W.パネンベルク/近藤勝彦共訳 日本基督教団出版局 1984年3月)
  • トレルチ著作集 9 プロテスタンティズムと近代世界 2 (河島幸夫共訳 ヨルダン社 1985年3月)
  • ブルンナー著作集 第2巻 教義学 1 (熊澤義宣共訳 教文館 1997年5月)
  • 聖書を取り戻す 教会における聖書の権威と解釈の危機 (C.E.ブラーテン、R.W.ジェンソン 教文館 1998年5月)
  • 改革教会信仰告白の神学 その教義学的特質 (ヤン・ロールス 一麦出版社 2000年3月)
  • 神学のよろこび はじめての人のための「キリスト教神学」ガイド (アリスター・マクグラス キリスト新聞社 2005年4月)
  • 聖書を読む技法 ポストモダンと聖書の復権 (エレン・デイヴィス、リチャード・ヘイズ編 新教出版社 2007年9月)
  • ジャン・カルヴァンの生涯 西洋文化はいかにして作られたか 上・下(アリスター・E.マクグラス キリスト新聞社 2009年10月、2010年5月)
  • キリストの仲保(トーマス・トーランス キリスト新聞社 2011年5月)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.271

参考[編集]

  • J-GLOBAL