芳山和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芳山 和子(よしやま かずこ)は、筒井康隆SF小説時をかける少女』の主人公。『時をかける少女』の派生作品において、登場人物の1人として登場することもある。

原作『時をかける少女』[編集]

深町一夫や浅倉吾朗とともに過ごす一般的な中学生であったが、理科の実験室で意識を失って以降タイムリープの力を手にする。

当初、その力は偶発的に発揮されていたが、多くの体験の後に自分の意思で行えるようになっていく。

タイムリープの原因を探るために、芳山和子は意識を失った理科の実験室へタイムリープする。

原作以降を描いた続編的な作品[編集]

連続テレビドラマ『続 タイムトラベラー』 / 小説『続・時をかける少女』[編集]

ある人物と再会を果たし、人探しの手伝いをすることとなり、再びタイムリープを行っていく。

アニメ映画『時をかける少女』[編集]

姪の紺野真琴(仲里依紗)に、タイムリープについて教えた人物。独身で博物館に勤務している。原作(もしくは2006年より前の映像化作品)の芳山和子と同一人物である[1]が、原作と全く同じ経験をしているのかは不明[2]

映画『時をかける少女』2010年[編集]

薬学者の職に就いていて[3]、ある男性と結婚しており、芳山あかり(演:仲里依紗)という一人娘もいる。

ある弾みで、ある思い出と約束を思い出し、芳山あかりに1972年に行きある人物に会うように告げる。

舞台『時をかける少女』[編集]

大学で薬学の研究をしている。下垂体腫瘍にかかり、入院・手術を控えている。姪の尾道マナツ(演:木村玲衣)がタイムリープが出来る様になり相談を受けた拍子に、深町一夫に消された記憶を取り戻す。

芳山和子を演じた人物[編集]

※は、原作以降を描いた続編的な作品。

脚注[編集]

  1. ^ 時をかける少女 映画情報・ニュース・イベント”. 角川. 2016年7月10日閲覧。
  2. ^ 高校時代に「子どもの頃から知っている」ように出会ってすぐに仲良くなった男性を好きになったが、大人になる前に駄目になった、と述懐する場面がある。男性は「いつか必ず戻ってくる」と言ったという発言もある。
  3. ^ この設定は、1983年の映画で結末に描写された内容をなぞった形になっている。
  4. ^ 1997年の映画『時をかける少女』ではナレーションを担当している。

関連項目[編集]