花龍真吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花龍 真吾(はなりゅう しんご、1956年10月28日 - )は、花籠部屋放駒部屋に所属した元力士。本名は周詞真吾。熊本県天草郡五和町(現・天草市)出身。身長179.5センチメートル、体重113キログラム。最高位は東十両12枚目。

経歴[編集]

1974年5月初土俵、1984年1月に本名の周詞真吾で新十両昇進するも、途中休場し翌場所に幕下陥落。1984年9月花龍 真吾の四股名で再十両を果たすも、3勝12敗の大敗を喫し翌場所に幕下陥落。十両在位は2場所に終わった。1985年末の花籠部屋閉鎖にともない、放駒部屋に移籍。1986年5月引退(廃業)。

成績[編集]

  • 十両2場所5勝15敗10休
  • 通算73場所265勝229敗26休
  • 幕下優勝1回(1984年7月)、序ノ口優勝1回(1974年7月)。

改名[編集]

周詞→天津龍(1978年7月)→周詞(1979年11月)→花龍(1982年5月)→周詞(1983年1月)→花龍(1984年5月)→周詞(1986年3月)[1][2]

出典[編集]

  1. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709
  2. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=4326&l=j