花電車 (ストリップ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花電車(はなでんしゃ)は、ストリップなどで行われる女性器を使ったパフォーマンス。花芸とも言う。元は遊郭のお座敷芸として、大正時代に大阪の飛田新地で始まったと言われる。

語源は、路面電車花電車。花電車は装飾をして走るだけで「客を乗せない」ものであったため、「客を乗せない」が「売春行為は行わない」と共通するとして、もっぱら見せるだけの風俗芸を花電車と呼ぶようになったという。

主な芸[編集]

  1. 生花
    女性器に花を生ける。
  2. 金庫
    女性器にコインを入れたまま歩く。成功したらそのコインは女性が貰う。
  3. 鈴鳴らし
    クリトリスに糸で鈴を結びつけて鳴らす。
  4. 習字
    しゃがんだまま女性器に挿入した筆で字を書く。
  5. 台車引き
    クリトリスから糸を結んで台車を引く。
  6. 産卵
    卵を膣に挿入し、そして出す。出す様子を産卵に見立てる。
  7. バナナ切り
    女性器にバナナを挿入し、入り口の部分で切る。バナナを切れるように膣の筋肉を動かすには訓練が必要。上級者は鉛筆も折る。
  8. 吹き矢
    筒を女性器に挿入し、合図とともに矢を飛ばす。
  9. ホタル
    女性器に白熱電球を入れて光らせる。暗いところで行うとホタルのように見える。
  10. リンゴ切り
    女性器にタコ糸を巻き付けたタンポンを入れ、糸の反対側を客に持たせ、そのタコ糸でリンゴを切って見せる。
  11. タバコ
    女性器で火をつけたタバコを吸って、煙を吐く。
  12. ラッパ
    女性器で玩具のラッパを吹く。
  13. 吹き戻し
    女性器で吹き戻しを吹く。

関連項目[編集]