花筏健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花筏 健(はないかだ けん、1941年(昭和16年)9月24日 - )は、山形県鶴岡市出身で立浪部屋所属の元大相撲力士。本名は、三浦健(みうら けん)。最高位は西十両17枚目。現役時代の体格は身長176cm、体重85kg。得意手は右四つ、内掛け。    

人物[編集]

実家は農家で、中学卒業後は昼間は町工場に務めながら、定時制高校に通った。知人から立浪親方(元横綱羽黒山)を紹介され、高校在学中に立浪部屋した。体重が足りず一度は新弟子検査を不合格になったが、1960年1月場所で初土俵を踏んだ。90kgにも満たない軽量ながら稽古熱心でそれを補い、右四つ、内掛けを得意とし、1966年3月場所に十両昇進を果たした。しかし場所直前の稽古で膝を痛めたこともあり5勝10敗と成績が振るわず、1場所で幕下に陥落した。同年11月場所、西幕下26枚目で3勝4敗と負け越したのを最後に現役を引退し廃業。

引退後は一時、愛知県の製鉄工場に勤務した。後に故郷に戻り、飲食店経営の傍ら相撲研究家としても活動している。少年相撲道場、相撲博物館の開設や、相撲史関連の書籍を多数執筆するなど、その活動の範囲は多岐に渡っている。

花筏」の名前は、相撲を題材にした同名の落語、および同落語に登場する大関の名前に由来する。余談だが、この噺は「花筏の贋物」を主人公にした滑稽噺であり、花筏という相撲取り本人は登場しない。

略歴[編集]

十両成績[編集]

  • 5勝10敗(1場所)

著作物[編集]

  • 『土俵裏表 - 花筏の半生記 - 』 1984 出版者:恩田隆嗣
  • 『おらえの先祖は相撲取り - 山形県相撲史総覧 - 』 1994 自費出版
  • 『山形の相撲人 - 相撲史秘話集 2 - 』 1999 自費出版
  • 『相撲甚句物語 - ルーツを求めて - 』 2004 現代書館 ISBN 4-7684-6856-X
  • 『こぼればな史』 2007 荘内日報社

外部リンク[編集]